野球のピッチングの中にはワインドアップとセットポジションがあります。

どちらの投げ方も野球の試合で使うことになりますし、ピッチングにおいては非常に大事なことでもあります。

そこで、野球のピッチングのワインドアップとセットポジションの上達方法をご紹介していきたいと思います。

1ワインドアップ

ワインドアップとは主にランナーがいないケースで大きく振りかぶって投げることを指します。

ワインドアップでは体を大きく使えるので球速が上がります。

しかし、フォームのバランスが崩れやすくコントロールが付きにくくなるというデメリットもあります。

普段から投げている投げ方でもあるので、投げるリズムはとりやすく、比較的投げやすい投げ方ではないかと思います。

ワインドアップで投げることで体を大きく使えるのでバッターに威圧感を与えることもできます。

2セットポジション

セットポジションは主にランナーがいる場合に投げることが多いです。

ワインドアップと違い、投球モーションが小さいので盗塁を防ぐことにもつながります。

投球モーションが小さいので球速は出ませんがコントロールが付きやすくなり、丁寧に投げることができる投げ方です。

スポンサーリンク


投球モーションが小さいことでコンパクトになげることができ、投球モーションでのタイミングの変化もつけやすくなります。

セットポジションの場合は肩から下が動くとボークになってしまうので注意が必要です。

また、セットポジションに入ってから長くボールを持つこともボークになってしまうので、審判の表情をみながら、投げるタイミングを計るといいでしょう。

ピッチャーがボークを取られる多くの場合はセットポジションの時なので注意してください。

3ワインドアップとセットポジションの使い分け

主にランナーがいるかいないかで使い分けることが多いです。

それとは別にコントロールが安定しなくなったときや疲れが見えはじめてきた場合に投げ分けるのもいいでしょう。

また最近では、ワインドアップでは投げずに常にセットポジションで投げるというピッチャーも増えてきています。

投球スタイルは自分のあったものを見つけてください。

いかがでしたでしょうか?

ワインドアップとセットポジションでは大きく異なります。

ぜひ参考にして上達を目指してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!