野球においては、ピッチャーのピッチングにおいてボールに力が伝えることが重要です。

そのためには、体全体でしっかりと力を伝える必要があるのですが、この重要な要素に体重移動があげられます。この体重移動ができないと、ボールの力やボールの重みが半減してしまい、打者に打たれやすいボールとなってしまいます。

そこで、今回は野球のピッチングにおける体重移動について紹介します。

1.腕だけで投げる投球からの脱却

野球のピッチングにおいて体重移動ができていない場合、よく見られるのは腕だけでのピッチングで、ボールに勢いがないことがあります。

これは、体全体の体重移動ができていないため、腕だけが前に行ってしまい、ボールに勢いがついていない状態となります。

腕だけのピッチングであるか、そうでないかは、腰の位置でわかります。

例えば、体重移動ができていない場合には、どうしても腰の位置がプレートの真上で止まっている状態に見えます。

そこで、体全体で投げるには、下半身の動きにおいて体重移動を意識していきます。

野球のピッチングにおいては、軸足に力を溜め込み、その溜め込んだ力を軸足と反対側の足に伝えていくと、自然と体重移動ができるようになります。

スポンサーリンク


2. ピッチャープレートを上手く利用する

体重移動のポイントとして、上手く体重移動ができない場合の方法として、ピッチャーマウンドのプレートを上手く利用すると、体重移動がしやすくなります。

例えば、幅跳びで踏切板をうまく使うような感覚で、ピッチャープレートを蹴ることにより、自然と体重が前へ移動します。つまり軸足でプレートを蹴るイメージです。

もし日頃の野球のピッチング練習においてプレートがない状態で練習をする場合、段差を利用します。段差のところに軸足をかけ、その軸足を段差の箇所に蹴ることにより、前に体が移動している感覚をつかむことができます。

3. 体重移動による利点

体重移動の重要なポイントとしては、体全体でピッチングができるようになることです。

この体全体でボールに力をいれられるようになると、ボールの勢いも増します。さらに、ボールの重みも増え、バッターの打球を詰まらせることもできます。

さらに、肘や肩の負担の軽減にもなります。どうしても腕だけの力でなげようとすると、無駄な力が肩や肘にかかることになり、肩や肘が傷みやすい状態となります。

野球において肩や肘を壊してしまうと、いいプレーもできませんし、野球ができない体になってしまうこともあります。

日頃から、肩や肘を痛めないように、体全体で動作することに心がけ、ピッチングの練習をしておくことをお勧めしたいと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!