スプリットの握り方の紹介をここではしたいと思います。

1.スプリットとは

野球でいうスプリットとはどのようなボールなのでしょうか。

フォークボールを意識して頂けるとどのようにボールが動いていくのかは理解して頂けると思います。

正式には、スプリット・フィンガー・ファスト・ボールと言い、よくSFFと表記されている変化球です。

先ほども、記しましたがボールの動き自体はフォークボールと同じで、沈んでいくような軌道になります。

では、何が違うのかというとスピードは速球と同様のスピードボールだと、バッターに錯覚させ、実はバッターの手元になったら少しだけ沈むという変化をするボールです。

最近はこの変化球を投げるピッチャーがたくさん出てきているほど人気のボールですと、いいたいところですが実は体の小さい日本人のピッチャーが投げる時にフォークボールよりも握り方が握りやすいのでこの変化球を投げているピッチャーが多くなっているのではないかと思います。

指で挟みこめないフォークボールよりも握りやすい変化球ですので体に大きな負担もなく投げていく事ができますので増えてきているのだと思います。

実際に、メジャーでも活躍している田中将大投手はこのボールを決め球としても使っています。

2.握り方

それでは、スプリットというボールの握り方を紹介します。

この変化球を投げる時に野球の基本で投げる時のボール握りで握り、その状態から人差し指と中指の間隔をもう少し広げて握るようにします。

スポンサーリンク


その時に、ボールの縫い目に関しては掛けないようにするか、人差し指だけを軽く掛けるようにして下さい。

そうする事で、上手にボールが指から抜けて変化するようになりますので、縫い目にかけないようにするという事が上達のポイントの一つです。

そして親指と薬指ですが、どちらの指にも第一関節部分くらいが縫い目に掛かるようにして握ります。

ですので、ボールの握り方ですが上記にしるしてあるような形になるようにボールを回転させて合わせてみて下さい。

分かる方はツーシームというボールの握り方から少し指を広げたようなイメージだと思って頂けると分かりやすいかもしれません。

そのにぎりのまま、速球の時と同じように腕を振ってボールを投げていきますが、その時にボールを下方向に叩きつけるようなイメージでボールを投げていきます。

そして、手首に関しては使わないようにして投げ、バッターの膝元の高さに投げるように軌道のイメージをして腕を振ります。

スピード自体は速球の初速と同じような感じで投げだされるので、とにかくしっかりと腕を振って投げだすことが上達の鍵だと思います。

投球する時に、人差し指と、中指の間からボールが抜け出さないように注意して投げるようにして下さい。

抜き出てしまうと、スピードが落ちてしまい回転もなくなってしまってフォークボールになってしまいますので注意してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!