野球のピッチングに必要なトレーニングは数多くありますが、なかでも大事になってくるのは手首すなわち、「スナップ」の強化です。

バッティングでは「リスト」とも呼ばれていて、投げるにも、打つにも必要なトレーニングになります。

そこで、あまり知られていないスナップの鍛え方と上達方法を紹介していきたいと思います。

1.手首を鍛えてスナップを強くする意味

野球のピッチングにおいて手首は、ボールをリリースする最後の一瞬までほとんど使うことはありません。

ですが、リリース時において手首は非常に重要な役割をします。

ピッチングではリリースする瞬間の表現を「指を切る」という言い方をします。

リリースの最後のボールを離れる瞬間は人差し指と中指の二本でボールを支えています。

そのボールを指から離すには自然と手首を返すことになります。

手首を返す瞬間だけ力をMaxにするので、手首を返すスピードは急速に直結するといっても過言ではありません。

手首を鍛えるということは結果的に球速を上げるトレーニングをしていると言えるのです。

ですので、手首のトレーニングは非常に重要になります。

2スナップを鍛える前に

手首を鍛えるにあたって2つ注意点があります。

1つ目は筋肉をつけてはいけないということです。

トレーニングと聞くと多くの方が筋トレを思い浮かべると思います。

スポンサーリンク


ですが、手首にガチガチの筋肉をつけてしまうと、野球の動きがとてもしにくくなります。

ですので、筋トレではなくストレッチや、インナーマッスルを鍛えることが前提となります。

2つ目は柔軟性に重点を置いてトレーニングしていくということです。

絶対に手首を固くしないようにしましょう。

前述に述べたとおりピッチングにおいて手首はかなり重要な部位になります。

手首の柔軟性はピッチングにかなり影響していくので、ストレッチなどを多めにして柔らかくしましょう。

3スナップを強くする

手首を鍛える方法を2つ紹介していきます。

1つ目はチューブトレーニングです。

チューブが無い方は輪ゴムをつなげても代用できます。

まず、チューブの片方を固定してもう片方を握ります。

腕を固定して、手首だけを動かします。

非常に簡単で、自宅でも気軽にできます。

2つ目は手首をひたすら柔らかくする方法です。

お風呂でのストレッチが一番効率的だと言えるでしょう。

柔らかくすることで変化球も投げやすくなり、ピッチングの幅が広がることにもつながります。

ピッチングでの手首の重要性がお分かり頂けたと思います。

手首を柔らかく、そして強くしてピッチングを楽しみながらやっていただければと思います。
ぜひこの上達方法を参考にしてみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!