スライダーの握り方の紹介をここではしたいと思います。

1.スライダーとは

スライダーとはどのようなボールなのでしょうか。

それは、カーブとも似ていますが投げた方の手から反対の方向に向かってすべる感じで曲がっていく変化球の事をいいます。

曲がる方向などは本当にカーブと似ていますが、カーブのように緩急をつけて投げるようなボールではなく速球かとバッターに判断させるように球速があり、打つ手前位で曲がるようにします。

外に逃げていく球であったり、内側に食い込んでくる球としてカーブ同様野球をしている多くのピッチャーが投げている変化球です。

先ほど、横方向に滑るような感じの変化球と説明しましたが、中には下方向に変化させるようにしてみたり、斜め下方向に変化させてみたりすることが出来るように練習して上達していくと出来るようになります。

2.握り方

野球でのスライダーという変化球の握り方は、一般的にはカーブと似たような握り方をします。

人差し指と中指の間をくっつけて、ボールの端っこの方を握ります。

この時に中指が全体的に縫い目に係るようにするとより上達するでしょう。

もちろん、この時人差し指に縫い目がかかることはありません。

スポンサーリンク


この状態でピッチングを行うようになりますが、カーブの時のように手から抜けていくように投げてしまうとスピードも落ち込み、スライダーというよりカーブに近くなってきます。

ですので、投げだすときは中指にしっかりと力を入れて速球を投げる時のように腕をしっかりと振り最後まで中指でボールを押し込むように投げます。

イメージとしてはしっかりと腕を振って相手にチョップをするように投げます。

注意点としては中指で最後にボールを押し込むというのがポイントですが、カーブの時のように真横に手の甲を向けてしまうとボールは抜けてしまいますので、真横までは向けない事が必要です。

最後に、何度も何度もスライダーを投げ続ける事で感覚が取れてきて曲がる大きさ、曲がる方向なども変化を変える事が出来るようになりまる。

まずは、この一般的な握り方で試してみてそれが体で覚える事が出来た時に自分なりのスライダーを作っていく事が上達への鍵になるかと思います。

そうするとボールが外側から押し出される様にスライド回転でリリースされます。

手首を外側に向け過ぎると中指でボールを押し出せなくなり、ボールが抜けてブレーキの利かないカーブの様な球になってしまいます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!