野球の試合では必ずと言っていいほどランナーが出てしまいます。

そこで、ピッチングに集中するためには牽制が必要となります。

野球の試合でピッチャーはピッチングをすればいいというわけではありません。

ランナーが出たときに牽制をしてランナーを釘付けにしておくこともピッチングの中の一つとなります。

そこで、野球の試合でピッチングに集中するためのランナーを釘付けにする牽制とその上達方法をご紹介していきたいと思います。

1牽制とは

牽制とはランナーが出塁した場合にそのランナーをベースに戻したり、アウトにするためにランナーがいる塁に投げることを言います。

牽制をする理由の一番の理由はランナーをアウトにすることです。

ケースによっても変わってきますが、ランナーをアウトにできればピンチはなくなります。

牽制をするときにはランナーをアウトにするということを頭に入れておくといいでしょう。

別の場合として、リードを小さくしたり、自分の存在をわからせておくという牽制もあります。

この場合はアウトにするという目的よりも、牽制があるということをイメージさせておく目的の方が多いと思います。

また、自分のピッチングのリズムが悪くて少し間を置きたいときや、肩慣らしに牽制をするという場合もあるので頭に入れておくといいでしょう。

スポンサーリンク


2ランナーをアウトにする牽制

ランナーをアウトにする牽制はここぞという時に使うと効果的です。

まず、大前提としてランナーに牽制をするという事を悟られてはいけません。

いかにも平静を保ち、ホームに投げるという意識をランナーに与えることが大切です。

ランナーはピッチャーの雰囲気である程度は牽制が来るという予測をたてます。

予測していない時に牽制が来るとびっくりして逆を突かれることが多いです。

テクニックとしてはホームに投げるリズムで牽制をすると引っかかりやすいです。

また、牽制をする瞬間にランナーから目を切ることも有効的です。

カウントによって牽制をすることもいいでしょう。

3意識をさせる牽制

ランナーに意識をさせる牽制は簡単に言えばボークにならなければ何でもいいです。

プレートから足を外してランナーと目を合わせるだけでも牽制になります。

ランナーのリードが大きい場合は少し早い牽制をするのも効果的でしょう。

ランナーの意識の中に牽制ということを頭に入れるだけでいいのです。

いかがでしたでしょうか?

野球の試合では牽制をする場面が多くあります。

牽制はとても奥が深いプレーです。

ぜひ参考にして上達を目指してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!