野球の練習でとても重要なもののひとつのリリースポイントを安定させるメニューをここでは紹介します。

1.キャッチボールでの練習

練習開始時に行うキャッチボールで初めはリリースポイントを磨くことができます。

それは、野球を行う上での基本ですが、相手の胸に向かってボールを投げるという事がありますが、その内容を着実に正確に行っていくとリリースポイントは固定されていきます。

その為には、安定した投球フォームを作る事が必要です。適当に投げ続ければ完成するものではありませんので野球を始める時が一番大変なのです。

この基本動作を独自にさせてしまうと、コントロールが定まらない結果になります。

コントロールをよくするためには、安定した投球フォームが必要不可欠ですので練習メニューとしてはフォームをつくることそして同じフォームで投げ続けること且つ同じ場所(相手の胸)に投げ続けることというのが必要です。

その後に、手首を使った重たいボールを投げるようにするために自分よりも前の方でボールを離すポイント(リリースポイント)を置く練習の必要があります。
 
最終的には前の方にポイントを置いた投球になりますが、投球フォームを一定にするという事で目標へ向かって投球することが上達の鍵になります。
 

スポンサーリンク


2.近距離からの練習

 
実際に投球を行うマウンドからの距離ではなく初めはそれよりも近い距離10M程でストライクゾーンの四隅に向かって投球していきます。

その距離での練習を完璧にこなすことが出来ればリリースポイントは安定していると言えます。

その時の投球フォームは大事に一定のもので行う事が注意点です。投球の度に高めだからとか、低目だからとかでフォームを崩していたらリリースポイントを安定させることはできませんのでフォームに対してチェックするようにします。
 
フォームが安定し狙ったところに対して投球ができるようになったら少しずつ後ろに下がります。

この練習メニューのポイントはフォームのバラツキを見ることが最重要点ですが、投球自体に手を抜かせないことも大切な課題の一つです。

手を抜く投球をしても腕の振りは本番の振りとは全く違った腕の振りになってしまいますので5~8割程度の投球は必要です。

その事に注意して四隅へコントロールできるようになったら、少しずつ距離を伸ばしていき最終的にマウンドからの投球につなげていきます。

マウンドまで下がって同様の事が出来ればリリースポイントはほぼ安定していると言えますのでここからは反復して練習する事が上達の鍵になります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク