野球においては、ピッチャーの出来次第で、試合全体の流れが変わってしまう、魔物のスポーツです。

このピッチャーのピッチングにおいては、大事な要素がたくさんありますが、その中でもリリースとフォロースルーは、ボールに最後まで勢いをつけるために非常に重要なポイントとなります。

そこで、今回は野球のピッチングにおいて、ピッチャーによるボールのリリース、およびフォロースルーについて紹介していきます。

1.リリースポイントを身につける

まず、野球のピッチングにおけるボールのリリースポイントについて紹介します。

リリースポイントとは、手からボールを話す位置のことを言います。このリリースポイントは、投げる方向の前で実施するようにします。例えば、リリースポイントが早い場合には、浮いた球がいってしまい、ボールが高くなる傾向があります。ボールが高いとバッターも打ちやすいため、ヒット性のあたりが多くなってしまいます。

ピッチャーにとっては、ストライクゾーンに投げ込むことが重要であり、極力低めの球であると、バッターを打ち取りやすくなります。バッターも低めのボールが好きな選手もありますが、さほど多くはありません。従いましてリリースポイントを前にし、ボールが低めに集まるようにしておきます。

ボールが低めである場合にはバッターも打ちにくくなり、さらに野球の試合においては、審判もストライクを取ってもらえる確率が高くなる場合があります。

スポンサーリンク


2. フォロースルー

ボールのリリース後のフォロースルーも、ボールに勢いをつける上では需要です。

野球のピッチングにおいて、フォロースルーを意識しなければなりませんが、その意識のポイントは腕の振りです。

腕の振りがしっかりしていない場合には、ボールに最後まで勢いをつけることができず、ボールをストライクゾーンに置きに行ってしまうことになります。

このボールを置きにいくピッチングも先ほどのリリースポイントと同様に、バッターにとっては打ちやすい球が行ってしまうことになります。

野球のピッチングにおける、フォロースルーのイメージは、自分の背中の背番号が、キャッチャーに見えるくらいの感覚で、腕を振り、ボールを投げ込んでいきます。

リリースポイントとフォロースルーはそれぞれの要素はありますが、ピッチングの流れとしては一連の動作であることから、両方を意識したピッチング練習をすることをお勧めします。具体的には、タオルを使ったシャドーピッチングが一番良いです。

シャドーピッチングにおいて、持っているタオルが勢いよくしなっているようであれば、リリースポイントとフォロースルーがしっかりできている証拠です。

この意識した野球のピッチング練習によって、ピッチングの技術を向上することができるのです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!