野球のピッチングを上達させるために一番大切なことは基本を忘れてはいけないということです。

野球のピッチングの基本はとても簡単なことだと思います。

そこで、野球のピッチングの基本をご紹介していきたいとおもいます。

1ストライクゾーン

ストライクゾーンは大まかには統一されています。

まず大前提としてベースの上をボールが通過しなくてはいけません。

この場合ボールが全部通過しなくても一部がベースをかすめていればストライクとなります。

また、高さはだいたい膝から胸までと言えるでしょう。

ストライクゾーンは審判によって変わることも多くあります。

低めを多くとる審判、アウトコースが広い審判、全体的に厳しい審判などいろいろな審判がいます。

試合が始まって審判の癖をしっかりと見切ることが大切です。

2投球練習

野球の試合ではイニングとイニングの間にピッチング練習があります。

このピッチング練習はその日の調子を左右するだけでなく、自分のピッチングをマウンドに合わせたり、グラウンドの様子を見るための大事な機会です。

特に、試合開始前のピッチング練習は非常に大切です。

初めてのマウンドでバッターに投げる前に行えるピッチング練習は試合前のこの機会しかありません。

スポンサーリンク


この数球のうちにマウンドに慣れて、その日の調子を把握してピッチングの組み立て像をイメージしなくてはなりません。

また、このピッチング練習で相手バッターにいいイメージを持たせてはいけません。

相手はピッチング練習を見て今日の試合展開を予想してきます。

ピッチング練習の時は相手が好印象を持たないようなピッチングをするようにしましょう。

3ピッチャーがマウンド上でやってはいけないこと

ピッチャーはマウンド上での行動は非常に多くの制限があります。

1つ目は、マウンド上で手を口に近づける行為です。

この場合は指先を舐めることはもちろん口の周りの汗を拭うだけでもダメな場合があります。

注意を受けるか、ボークを宣告されてしまいます。

2つ目はボールをユニフォームで拭く行為です。

ボールはユニフォームで拭くのではなく、素手できれいにするようにしましょう。

この場合はボークを取られることはあまりありませんが、注意を受けたりボールを交換したりすることになります。

また、ピッチャーはリストバンドやサポーターを着用することは禁止されています。

ばんそうこうや包帯も審判の許可がないと使えないので気を付けてください。

いかがでしたでしょうか?

野球の試合はとても制限が多いです。

つまらないことで台無しにしないようにしましょう。

ぜひ参考にして上達を目指してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!