野球の試合においては、ピッチャーが中心になりゲームが進行していくことになりますが、ピッチャーのゲームの作り方によって、試合の流れが変わってきます。

特に、野球の試合において、ランナーが出た場合、1塁で牽制をし、アウトになると、一気に流れが傾くことになります。ピッチャーのピッチングにおいて、牽制球もしっかりとしたものを身につけることにより、ゲームのづくりの幅が広がっていくのです。

そこで、今回は野球の守備としてピッチャーの牽制球について、牽制球の目的を踏まえたポイントについて紹介していきます。

1.牽制球によってアウトにならなくてもよい

野球は、次の塁を意識したゲームをすることにより、点数が入りやすくなります。
例えば、ランナーが塁に出るとランナーは次の塁に向けてリードをします。その時、ピッチャーはランナーに対して牽制球を投げることで、ランナーが次の塁へ行かないように対応します。

しかしながら、ピッチャーによくある例として、牽制球でアウトにさせることばかり意識して、悪送球を投げるようなケースがあります。さらに、ランナーばかり気にして、バッターに対しては疎かなボールを投げてしまうこともあります。

野球の試合における牽制球は、ランナーを塁上に意識させるためが目的です。この目的をまず抑えておきましょう。

牽制球を投げる場合には、ランナーを見ながら、塁上に意識させるように、塁上の野手には正確なボールを投げるようにします。そして、牽制球をすることによって、自分のリズムを作り、ゲームの流れやペースをピッチャーに持っていくようにします。

スポンサーリンク


2. アウトにするには逆をつく

野球においては意識すべきところは逆をつく、という考えです。

これは、ピッチャーが牽制球によってアウトにすることへのコツにも繋がります。それはランナーの動きと逆をつくことです。

例えば、野球の試合において1塁ランナーは、2塁にいきたいばかりにリードをとることになります。もちろん、牽制球をすることにより、ランナーは帰塁する意識を持ち始めますが、帰塁した後には再度リードをします。

ピッチャーは、ランナーがリードを開始する動作をしっかりと見極めておくことにより、ランナーの体が帰塁する方向に切り替わる前に、リードした時点でランナーをアウトにすることができます。

つまり、ランナーが帰塁からリードするタイミングやリズムについて牽制球をしながら観察し、見極めることにより、ランナーの逆を付いた形でアウトにすることができるのです。

この野球における、逆を突くイメージは、難しそうに見えますが、ランナーの性質を注意して観察していると、投げるタイミングを把握することができるようになります。

一方で、この場合には、ファーストとサインプレーをし、ファーストは牽制球をいつでも捕球できるようにしておきましょう。

このように、野球の守備における牽制球は、ランナーを塁上に意識させることに加え、ランナーのリズムを見極め、逆を突くタイミングを確認するための目的でもあります。こ

の目的をしっかりと把握しておけば、ランナーをアウトにする一心で無謀な牽制球をすることもなくなり、悪送球のミスも予防できるのです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!