ピッチャーにとって生命線となるのはアウトローのストレートです。

ピッチングの上ではアウトローに良いストレートを投げることができるととても楽にピッチングを運べます。

また、審判によってはアウトローに良いストレートを投げることができるとストライクとコールしてもらいやすくなります。

そこで、野球のピッチングの生命線でもあるアウトローのストレートの極め方と上達方法をご紹介していきたいと思います。

1アウトローにストレートを投げる意味

アウトローにストレートを投げる理由はいくつかあります。

1つ目はストライクを稼ぎやすいということです。

ピッチングをする上ではストライクを先行させることで自分が優位に立つことができます。

特に野球の試合ではストライクを先行させていくことでバッターを打ち取りやすくなります。

アウトローにボールの出し入れができると審判は「このピッチャーはコントロールがいいな」という印象を与えることができます。

この印象を与えることができると厳しいボールでもストライクというコールがされやすくなります。

野球の試合で優位に立つためにも審判は味方につけておきましょう。

スポンサーリンク


2つ目は長打を打たれにくいということです。

アウトローのボールはバッターの目から1番遠いところにあるボールです。

目から遠いということは一番打ちにくいコースでもあります。

そのボールをうまく使えることでバッターを打ち取る確率も上がるというわけです。

3つ目は投げることに緊張しないということです。

インコースのボールはデッドボールの恐怖があるため、投げにくいものです。

逆にアウトコースのボールはデッドボールがないので気楽に投げることができると思います。

2アウトローのストレートの極め方

アウトローのストレートを極めるには時間が必要です。

ピッチング練習もかなり投げ込まないと完璧なコントロールは付きません。

また、ただ投げ込みをするだけでも正確なコントロールは付かないので常にイメージをしながら投げることも大切です。

試合で使えるボールにするためには今の自分の力を知ることも大切です。

いかがでしたでしょうか?

野球の試合はピッチャーの力が試合を左右します。

チームのみんなから信頼されるようなピッチャーになるためにはコントロールをつけることが第一です。

ぜひ参考にして上達を目指してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!