野球のピッチャーにとって爪は非常に大切な体のパーツの一部です。

爪が割れてしまったり、長かったりしてしまうとピッチングに影響が出てしまいます。

爪が一度割れてしまうと戻るまでの長い時間を割れた爪のまま野球の試合をしたり、ピッチングをしなくてはならないので自分の本来のピッチングができなくなってしまうと思います。

そこで、ピッチングの上達につながるような爪のお手入れの方法をご紹介していきたいと思います。

1爪をケアする意味

野球はボールを投げるスポーツです。

爪が長かったり、割れてしまったりしていては自分の本来のプレーができないと思います。

また、爪が割れてしまったり引っかかったりすることでボールを投げることができなくなってしまいます。

そうなってしまわないように、身体を鍛えたり、肘や肩をケアするのと同じように爪も鍛えたり、お手入れをする必要があります。

2爪のお手入れの仕方

爪が割れてしまう原因は爪の長さと形にあります。

爪が割れないようにするためには爪に負担をかけないことが重要です。

野球選手の多くは爪を切って手入れをしていると思いますが野手の選手はこの方法でもいいと思います。

ですが、ピッチャーの方は爪を切ってお手入れをしてしまうと爪に負担がかかるのでお勧めできません。

スポンサーリンク


ピッチャーの選手は専用のやすりで削りながらお手入れしてください。

爪が乾燥していたり、栄養が不足していると割れやすくなります。

栄養剤などを用いてお手入れするといいと思います。

3爪のケアのポイント

爪は毎日のお手入れでいい状態を保つことができます。

毎日栄養剤を塗って保湿をしてください。

栄養剤はオーガニックの物を選んでください。

オーガニックの物は質感と浸透力が全然違ってくるのでおすすめです。

爪を削る頻度は3日に1回程度が好ましいでしょう。

爪やすりは紙製で柔らかいものがいいと思います。

目が粗い物を選んでしまうと爪にストレスがかかってしまうので必ず目の細かいものを選ぶようにしましょう。

爪を削った後は、ネイルガードを塗っておきましょう。

野球用のマニキュアが各メーカーさんから販売されていますのでそれを薄く塗っておくとより爪が割れにくくなります。

また、定期的にネイルサロンに行ってお手入れしてもらうのもいいかもしれません。

ネイルサロンに男性が行くのは気が引けてしまうかもしれませんが、個室のサロンやスポーツ選手専用のサロンもあるので探してみてください。

いかがでしたでしょうか?

野球選手がいいピッチングをするためには爪のお手入れは欠かせません。

ぜひ参考にして上達を目指してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!