野球のピッチングを行う前に下半身の使い方を習得しましょう。

1. 足を上げる

野球のピッチングで右投げであれば左足を、左投げであれば右足を上げて投球動作に入ります。

そこでその足の上げ方で無理のない下半身の使い方を一つ紹介したいと思います。

先ほどの足を軸足側が安定をしたらあげていきますが、その際は膝から引き上げるようにしてあげます。

その時の力の加え方ですが、ここでは力の温存が必要かと思います。

ですので、あげた方の足首は自分のしっくりくる方でいいかと思います、例えばつま先をあげた状態にするのかそれとも、つま先を下向きに垂らしたような状態にするのかは試してみてリラックスした状態を作れる方を選択すればよいと思われます。

注意点としては、余計な力を入れて力んでしまわないことが重要点です。

上達ポイントしては、軸足だけで立ってもふらつかないようになるのが理想です。

そうなるまで、しっかり軸足のトレーニングを行い自分の体を片足だけでしっかりと支える事ができるように何度も何度も上げたり降ろしたりして繰り返し練習しましょう。

2.足の踏み出し方向

次に、引き上げた足を踏み出す方向の話です。

基本的には踏み出す足の方向は、軸足とキャッチャーのミットを線で結んだ間の地点に踏み出します。

つまりどういうことかというと、投げる方向に対して真っ直ぐに足を踏み出しつま先も投げる相手の方向に向ける事が大切になります。

スポンサーリンク


足を先ほど説明した線より内側に踏み出した場合、ボールを投球する際、投げる方向に体が向かっていない場合その方向に体を向けて腰を廻旋させるので腰への負担が大きくなりますし、更にそれだけ負担を掛ける投げ方になってしまいますので今度は肩の力にも頼ってきて最終的に肩への負担も非常に大きくなります。

当然、多い球数のピッチングを行う事はスタミナへの影響もかかってきますので、難しくなると思われます。

外側に踏み込んだ場合ですが、今度は腰の回転がしっかりと入らない状態での投球になってしまいますのでボールに勢いがなくなってしまいます。

だから、あげた足を降ろす位置にも気を付ける必要があるのです。

3.歩幅

足を降ろす歩幅の位置は、広すぎるとボールに力が入らず弱いピッチングになってしまいますし、あまり踏み出さないとそれはそれでボールの最後の押し出しが無くなる為に、やはり弱いピッチングになってしまいます。

歩幅は最終的には自分の一番いい最高の投球に対して力の入る位置を見つけることが必要になるとは思いますが、まずは目安として自分の足幅6足分という情報もあります。

当然、上達のためには何度も何度も投げて自分がしっくりくるポイントを探すことは重要ですが、まずは基本動作を体に覚えさせてその形で投球が出来るようにすることが、野球の上達への道です。

最後に、下半身から力を上半身へ上手に伝えていく事で自分の最高のパフォーマンスを生み出すことが出来るようになります。

それが、出して行けるように効率の良い投球フォームを作る事が大切になってきます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!