ナックルボールの握り方の紹介をここではしたいと思います。

1.ナックルボールとは

野球でいうナックルボールとはどのような変化球なのでしょうか。

ナックルボールとは速球の時に自然に回転しているバックスピンとは逆の回転になるようにボールを意図的に押し出して投げる事によって、ボールの回転を無回転にして投げる変化球です。

このボールは、実は投げているピッチャーですらどのように変化してどのように落ちていくのかが分かりづらいほどのボールですので、当然ですがキャッチャーとしても取るのに苦労してしまうほどの、ある意味野球をしている人からすると魔球と言える変化球です。

なぜ、このような予想もしない変化をするのかというと無回転で進んでいるボールが空気抵抗を縫い目が受けることによって変化は変わります。

よって、球場などのコンディションごとに変化が変わる可能性は十分に考えられます。

当然ここまで読んできて想像できるかとは思いますが、自然な方向ではない方向にしてしまうのですから、それなりの体への負担はありますし、習得も難しいものになることは間違いありません。

このボールを多投するピッチャーが増えており、そのようなピッチャーのことをナックルボーラ―と呼ばれています。
 
上達のポイントは、このボールを投げると、体への負担はかなりある事は先ほどもお伝えしましたが、コントロールを良くすることも難しいボールとなりますし、何よりボールを押し出すように投げだしますので握力がかなり必要になります。

スポンサーリンク


この握力を鍛えて、多投できるようになる事が上達への鍵になります。

ちなみに、軟球では変化しづらいのでご理解ください。
 

2.握り方

それでは、ナックルボールの握り方を紹介します。

人差し指、中指、薬指をしっかりと曲げて、その状態の指先部分にボールの上部中央付近に当てるようにします。

残りの指、親指と小指でボールを挟むようにして持ちます。

先程も少し話しましたが、この状態でキャッチャーに届くように更に押し出すようにして回転を掛けないように投げますのでかなりの力が必要になります。

このように3本の指で握る握り方もありますが、2本指で握ってしまう握り方のパターンもあります。

その時は中指、人差し指を立てて、薬指と小指、親指でボールを握り投げるようにします。

指を立てる位置などによっても、縫い目の方向などが変わってきますのでその関係で、変化する方向とかも様々となりますので投げられるようになると投球が面白くはなると思います。

この変化球を練習していろいろな投げ方もありますので、立てている指をどう使って投げれば無回転が作りだせてキャッチャーのミットまで届くように投げる事が出来るようになるかそれを試してコントロールを付けるようにして下さい。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!