野球の試合ではここぞという場面で三振を取りにいかなければならない時があります。

そんなときに決め球があると心強いですよね。

ピッチャーの心理として自分の絶対の自信があるボールは自然と良いボールになると思います。

そこで、ピッチングで重要な決め球の決め方と上達方法をご紹介していきたいと思います。

1決め球とは

決め球とはズバリ自分の球種の中で一番自信のあるボールです。

人それぞれによっても変わりますが、多くのピッチャーはストレートではないでしょうか。

決め球を決めたからにはそのボールには絶対の自信を持ってなくてはなりません。

ピッチング練習のときや、野球の試合中などでみがいていくといいでしょう。

また、決め球のほかにも絶対にストライクを取れるボールをつくっておくとピッチングの幅も広がり、野球の試合で役に立ちます。

2決め球の磨き方

決め球に決めたボールは絶対に自信を持って投げましょう。

自分の1番自信があるボールでなくては決め球にできません。

決め球を磨いていくには試合のピンチで投げていくことが大切です。

スポンサーリンク


ピンチで投げて打ち取れた場合は自信になり、たとえ打ち取れなかったとしても自分の一番自信のあるボールを打たれたのだから相手が一枚上手だったと割り切れるでしょう。

こうして打ち取れた数を増やしていくことで自信をつけていくといいと思います。

また、ピッチング練習では気持ちよく投げることを意識しましょう。

決め球を投げる時はあまり深く考え込まず、淡々と投げていくといいと思います。

3決め球で勝負ができなくなったとき

あまり、決め球に頼りすぎるのもよくありません。

野球の試合中に決め球で勝負できなくなることもあると思います。

そういった場合はあえて、苦手としているボールを投げてみたり、そのバッターに対して一球も投げていなかったボールを投げるのも効果的です。

バッターは予想していないボールが来るとど真ん中のボールでも手が出にくいものです。

バッターの裏をかくという意味でもいい作戦ではないかと思います。

また、より一層厳しいボールを投げるのもいいと思います。

いかがでしたでしょうか?

いかに決め球が大事か分かったと思います。

自分の絶対自身にあるボールは相手を見下して投げるとより威力が増すと思います。

ぜひここで書いたことを参考にして上達を目指してみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!