野球においては、ピッチャーは花形のポジションです。

一方で、ピッチャーの調子によっては、野球の試合の作り方や、流れが一気に変わってくる重要なポジションでもあります。

ピッチャーにとっては、いかにバッターに打たれないようにボールをしっかりと投げ込む必要がありますが、その際には、ボールの握り方、そしてピッチングの構え方が非常に重要な要素となります。

そこで、今回は野球のピッチングにおける、ボールの握り方と構え方について紹介します。

1.ボールの握り方

ボールの握り方によって、球種が変わってきます。

球種としてはストレート、カーブ、シュート、フォークのほか、最近ではスプリットや、ツーシームといった新しいボールの球種が出てきていますが、最初はストレートを軸に、コースをつくボールが投げられるようになったら、次にカーブ、シュートの球種を覚えるといった、段階的な対応が良いと思います。

ストレートを投げる場合には、人差し指と中指をボールの網目にしっかりとかけ、親指は人差し指と中指とを結ぶ、ちょうど三角形の頂点になるようにボールを握ります。

また、ボールと手のひらとは少し余裕を持たせておくと、回転のかかった良いボールを投げることができます。さらに、人差し指と中指からボールを押し込む形ができるようになれば、さらに回転が増します。野球においてこのボールの回転がボールの伸びにつながり、バッターが打ちにくいボールを投げることができるのです。

スポンサーリンク


2. ピッチングの構え方

野球のピッチングにおいて、構え方のポイントは2つあります。

1つ目は姿勢です。

野球のピッチングにおいて猫背の姿勢でなげると、いいボールを投げられないどころか、肩や肘に負担をかけるようになります。投げる場合には、背筋を伸ばし、地面と垂直な形で軸を作りながら構え、ボールを投げます。

もう1つのポイントは、イメージです。

体を動かすには頭の中でイメージを持つことが非常に重要です。このイメージつくりのために、シャードピッチングや、鏡を見ながらのピッチング練習をしておくと、イメージがわかりやすくなります。

さらに、試合中のピッチングフォームをビデオに撮り、振り返りに使うこともイメージづくりには非常に重要になります。このイメージがしっかりない場合には、野球の試合においてピッチングにも迷いが生じてしまい、いいボールを投げることが難しくなります。

ボールの握り方、および構え方がしっかりしていないと、ピッチャーとしてのピッチングができなくなります。

この2つの基礎を大事にして、日頃の野球の練習においけるキャッチボールから意識しながらやると、ピッチングが上手くなります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!