野球においては、ピッチャーは花形のポジションです。

一方で、ピッチャーの調子によっては、野球の試合の作り方や、流れが一気に変わってくる重要なポジションでもあります。

ピッチャーにとっては、いかにバッターに打たれないようにボールをしっかりと投げ込む必要がありますが、その際には、ボールの握り方、そしてピッチングの構え方が非常に重要な要素となります。

そこで、今回は野球のピッチングにおける、ボールの握り方と構え方について紹介します。

1.ボールの握り方

ボールの握り方によって、球種が変わってきます。

球種としてはストレート、カーブ、シュート、フォークのほか、最近ではスプリットや、ツーシームといった新しいボールの球種が出てきていますが、最初はストレートを軸に、コースをつくボールが投げられるようになったら、次にカーブ、シュートの球種を覚えるといった、段階的な対応が良いと思います。

ストレートを投げる場合には、人差し指と中指をボールの網目にしっかりとかけ、親指は人差し指と中指とを結ぶ、ちょうど三角形の頂点になるようにボールを握ります。

また、ボールと手のひらとは少し余裕を持たせておくと、回転のかかった良いボールを投げることができます。さらに、人差し指と中指からボールを押し込む形ができるようになれば、さらに回転が増します。野球においてこのボールの回転がボールの伸びにつながり、バッターが打ちにくいボールを投げることができるのです。

スポンサーリンク


2. ピッチングの構え方

野球のピッチングにおいて、構え方のポイントは2つあります。

1つ目は姿勢です。

野球のピッチングにおいて猫背の姿勢でなげると、いいボールを投げられないどころか、肩や肘に負担をかけるようになります。投げる場合には、背筋を伸ばし、地面と垂直な形で軸を作りながら構え、ボールを投げます。

もう1つのポイントは、イメージです。

体を動かすには頭の中でイメージを持つことが非常に重要です。このイメージつくりのために、シャードピッチングや、鏡を見ながらのピッチング練習をしておくと、イメージがわかりやすくなります。

さらに、試合中のピッチングフォームをビデオに撮り、振り返りに使うこともイメージづくりには非常に重要になります。このイメージがしっかりない場合には、野球の試合においてピッチングにも迷いが生じてしまい、いいボールを投げることが難しくなります。

ボールの握り方、および構え方がしっかりしていないと、ピッチャーとしてのピッチングができなくなります。

この2つの基礎を大事にして、日頃の野球の練習においけるキャッチボールから意識しながらやると、ピッチングが上手くなります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク