野球のピッチャーは身長が高い選手が多いです。

ダルビッシュ選手や大谷選手は190㎝を超えています。

なぜ、野球のピッチャーは身長が高いほうがいいのか。

ピッチングと身長にどのような関係があるのか。

皆さんの疑問に詳しく解説をしていきたいと思うので、ぜひ参考にして上達を目指してください。

1ピッチングと身長の関係

皆さんも知っていると思いますが、マウンドは野球場の中で唯一土が盛られていて高くなっています。

どんな人がマウンドに立ってもバッターよりも高い位置から投げることになりますが、身長が高いとその幅が大きくなります。

上から投げおろすような感覚になるので、身長が高いとバッターに対して角度がつきます。

角度がつくということは、バッターとしては打ちにくいボールになります。

バットの軌道は基本的には水平に出ます。

角度がつくことで面でのミートから点でのミートになります。

2力の伝達

パワーと身長は関係ないと言いたいところですが、やはり、身長が高い選手の方が身長が低い選手よりもパワーがあります。

したがってボールにより大きなパワーが伝わるのは身長が高い選手です。

身長が高いダルビッシュ選手や大谷選手はスピードボールを投げています。

スポンサーリンク


単に身長が高いとパワーが大きいというわけではなく、身長が大きいということは筋肉をつけられる面積が大きいということにもなります。

筋肉がつけばパワーが強くなります。

だから、スピードボールを投げることができるようになるのです。

3身長が低い選手はピッチャーとしてはダメなのか?

身長が低くてもプロ野球でピッチャーとして活躍している選手は多くいます。

身長が低くてもバッターを打ち取ることができるようなピッチングの術を学びましょう。

ピッチャーは力ももちろん必要ですが時には技も必要です。

相手のタイミングをずらしたり、コントロールを身に着けることで身長が低くてもバッターを打ち取ることができます。

ですが、やはり、身長が高いに越したことはありません。

4身長が低くてもバッターを打ち取れる方法

身長が低くてもバッターを打ち取る方法はたくさんあります。

まず、1番大事なことは絶対的なコントロールです。

コントロールが良ければ球速が無くても打たれることは少ないでしょう。

自身のない選手はコントロールをつけて相手を手玉に取るような投球術を身につけるといいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

野球のピッチングと身長には深い関係があります。

ぜひ参考にして上達を目指してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!