ジャイロボールの握り方の紹介をここではしたいと思います。

1.ジャイロボールとは

野球でいうジャイロボールとはどのようなボールなのでしょうか。

そもそも、昔にはこのような呼び名のボールは存在しませんでした。

近年、話題に上がってきたボールです。

このジャイロボールには2種類存在します。

ひとつのジャイロボールは、ピッチャーの投げる初速とバッターの位置までのボールの速度を落とすことなくキャッチャーのミットまで届くというボールです。

イメージとしては、ピストルの銃弾をイメージしたボールだと思って頂ければ分かりやすいかと思います。

空気抵抗を受けにくいボールの回転を与えますのでこのようなボールが実現したと言えます。

もうひとつのジャイロボールは、同じ回転をさせて投球するのですが、先ほどとは逆に空気抵抗を受けやすい面を前にして投球しますのでバッターの手前で急にブレーキがかかったようにボールが来なくなるようなボールになってしまします。
 

2.握り方

それでは、ジャイロボールの握り方を紹介します。

先程、一つ目に紹介したボールの握り方を説明します。

とは言いましても、握り方自体は同じ握り方をします。

では、説明いたしますが人差し指と中指をボールにかけますが深く掛けて良いです。

そして、その下には親指と薬指を掛けるようにします。

その掛け方ですが、人差し指の下に親指が来るようにして親指の側面(内側)を付けます。

スポンサーリンク


薬指は、中指の下に来るようにして薬指の側面を第2関節から指作までをボールにつけるようにしてそえます。

これが基本的なボールの握り方です。

後は、先ほども言ったようにどこを握るかによって球が変わってきます。

まずは、一つ目ですが、握った後にその握った状態で自分に向けてみてボールの前面にあるボールの縫い目に注目して下さい。

その縫い目が人差し指と中指の部分に対して横向きに係るように握ると、前面は縫い目が円を描いているような形に見えると思います。

その状態で投げる事によってスピードの減速がないジャイロボールを投げられるようになります。

更にもう一つの握り方ですが、人差し指と中指の下全ての部分に縫い目がくるようにして、縫い目にかけます。

握り方は同じなので同じようにそのまま握ります。

その状態で投げると今度は、バッターの手元でブレーキのかかったボールに変わります。

握り方一つで逆のボールになるので自分のものにできれば、非常に有効なボールになります。

野球をするうえで、同じ球種なのにスピード変化があるものは非常に打ちづらいので、上達ポイントとしては最終的にきちんと球速変化までうまれているかを確認するといいと思います。

さらに、投げ方ですが横回転での投球になりますので、カーブの時のように投げだし角度をいろいろ試してみて自分の角度を調整して下さい。

ただし、カーブと違いますので抜きすぎない事と手首をしっかりと使って投球する事も上達するポイントです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク