フォークの握り方の紹介をここではしたいと思います。

1.フォークとは

野球でいうフォークとはどのような変化球なのでしょうか。

近年ではよく耳にするようになった変化球の一つです。

野球をしている人でピッチャーをしている人からすると、やっぱり狙って三振を取りたいと思うのは当然だと思います。

その為のウィニングショットとして習得しておくといい変化球です。

では、どのように変化するのかというと真っ直ぐ飛んできているように最初はバッター側からはみえますが、そのまま近くまでボールがきたところで急に落ちるボールです。

落下自体の高低差は数十センチにもなりますのでさきほど話した三振をとるためのボールとしては最高のボールと言えます。

バッター側からしても分かっていても非常に打つのが難しい変化球ですし、基本的には無回転でのボールですので空気抵抗などの関係でミートする事も難しいです。

投げるうえでの上達するポイントとしては、しっかりと腕を振る事が必要になります。
  

2.握り方

それでは、フォークの握り方を紹介します。

握り方は難しくはないですが、まずボールの縫い目に掛からないように人差し指と中指の間でボールを挟むようにして握ります。

スポンサーリンク


なぜ、縫い目に掛からないようにするのかというと、投げた際に回転を掛けないようにして投げますので指からボールを抜きやすいようにするためです。

2本の指で挟んだボールを支えるようにして親指を位置します。

親指だけで支えるのではなく、親指と薬指で支えて4本の指を使って投げる人もいますし、薬指と親指で挟んで投げる人などもいます。

自分自身が最も安定出来る握りを探して、その握り方でボールに回転をかけないように注意してしっかり腕をふって投げる練習をして下さい。

投げ方ですが、失投を恐れずにピッチャーは地面に叩きつけるくらい、押さえつけて投げるようにすれば、挟んでいる指からきれいに抜けてボールが落ちるようになると思います。

腕を大きく振って速球を投げる時と同じくらい強く振るようにすると、フォークボールの落ちる落差は大きくなってくると思いますので、より上達するように腕を振ってください。

挟むような握り方をするので、握力のかなりいる変化球になります。

握力を鍛えたりするとより上達できますし、さらにはボールを挟んだまま日頃生活をする人もいます。

このように、しっかりと挟むことに慣れる事も必要になりますので、いろいろな工夫をしてみるのも一つの上達できる方法だと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!