野球の試合は、9人で守り、攻撃をするスポーツです。

ピッチャーもバッターに対してボールを投げた直後からは野手に切り替わることになります。この野手としてピッチャーも守ることができれば、チーム力は増すことになるのです。

そこで、今回は野球においてピッチング後の、ピッチャーのフィールディングに関して、紹介していきたいと思います。

1.ピッチングした後は野手です

野球の守備としてピッチャーも、ピッチングをした後には、1人の野手として守ることになります。野球は9人で守るスポーツですので当然のことです。

例えば、ピッチャーに飛んでくるボールはありますが、ボールを捕らずに、ファーストやサード、セカンド、ショート、キャッチャーに全てをお願いすると、ランナーをアウトにさせる確率は一気に下がってしまいます。

そうならないように、ピッチャーはバッターに対してボールを投げた後には、守りの姿勢がすぐできるようにバランスのよいピッチングが必要です。

野球において、強いとされるチームは、ピッチャーのフィールディングとされています。特に、バントの処理に関するポイントが挙げられます。

バッターがバントをした後、ボールの方向や勢いによっては、ファーストやサード、キャッチャーよりも捕球がしやすいことがあります。その際、フィールディングは焦らずに行うことが重要です。

2. フィールディングでは焦らないことが重要

野球の守備におけるフィールディングのポイントとしては、処理を焦らないことです。

スポンサーリンク


先ほどのバント処理において、仮にピッチャーがボールを捕球することになった場合、捕球した時点では、いくら足の速いランナーでも、1塁までの半分は行っていません。ある程度余裕をもって、ボールを捕球し、ファーストへ良いボールを投げることにより、確実にバッターをアウトにすることができるのです。

3. セーフティー気味のバント処理について

野球の攻撃においては、ランナーが塁に出るために、セーフティー気味のバントをしてくるケースがあります。このバントは基本的にはピッチャーの前ではなく、一塁線、もしくは三塁線ギリギリのところを狙ってバントをしてきます。このようなケースでは、サードやファーストが対応できない場合もありますがこのケースでも焦らないことです。

もし、バントしたボールが線ギリギリの場合には、ボールの方向を見極めて、ファウルにする冷静さも必要です。無理にインフィールドでボールを捕ってしまったことにより、ランナーがセーフになり、さらに処理に焦ってしまい、ファーストへの悪送球でランナーが二塁まで進んでしまうといったミスを招き兼ねません。

したがいまして、野球の試合においてセーフティー気味のバントをされた場合、ピッチャーとともに、キャッチャー、ファースト、サードとも連携して、野球の基本である大きな声での掛け合いを行い、ファウルにするかどうかのジャッジを冷静に見極めましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!