今では速球のキレは野球をみたり行ったりするうえで、醍醐味のひとつとなっています。

1.速球の種類

速球の種類にも、力で投げているようなイメージのもので、スイングしてきたバッターのバットをボールの勢いで勝ってしまい、つまらせたり、バットが折れてしまうような状態が多々見られるような速球を剛速球と言います。

もう一つは、ボールにきれいな回転が掛かっておりバッターの手元で伸びあがるような速球のイメージが快速球と言います。

2.剛速球と快速球

剛速球の特徴は重たい音がキャッチャーのミットにボールが収まった時になります。

そして、ボールの回転が不安定で少ないが、力で抑え込むような感じですのでバッターとの勝負もボールの球威で押し切ってしまうような速球を言います。

プロ野球の選手で言うと、松坂投手のようなピッチャーを言います。

逆に、同じ速球でもバッターの手元でボールがホップし打者の空振りを奪うようなボールの事を快速球と言いましたが、その特徴としてボールの回転がきれいなバックスピン回転をしている事です。

では、なぜバックスピンの回転がいいのか、ここからは科学の力になってしまいますがボールの速度とスピンがかかっていた場合その回転する方向に浮力が働くとなっています。

スポンサーリンク


ですから、バッターはこのような現象をピッチャーが投げたボールで感じているのです。

このようなボールを投げる投げ方は投げる際の指先の意識が必要です。

もちろん、最後の最後までボールが手から離れるのを我慢して指先で押し込むようなイメージで投げるようにすると回転はかかるようになります。

ちなみにこのボールを投げるプロの選手は、大谷投手やダルビッシュ投手のようなイメージです。

剛速球を投げるにしても、快速球のなげるピッチャーにしても投げ方というのは変わりありません。

とにかく、投げる練習を行う際に山なりのボールを投げない事、そして指先で押し込むように投げる練習をしていく事に意識して行うことができれば上達していきます。

そして、更なるボールのキレや球速などの上達をしていく方法としては、足腰の強化そして肩周辺の強化、背筋の強化が必要になります。

そして何より必要な項目としては、ボールを投げる際に力も確かに必要でそればかり行っていきがちですが実は体自体の柔軟性が一番大切な項目です。

この体に対する柔軟性を無くして、野球の上達はあり得ませんので日々の柔軟運動、投げ方の練習をしている時にいかにして、体全体を鞭のように使いボールを最後投げているかでボールのキレは変わってきます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!