チェンジアップの握り方の紹介をここではしたいと思います。

1.チェンジアップとは

野球でいうチェンジアップとはどのようなボールなのでしょうか。

チェンジアップというボールは、球速に変化をつけて打つ側、つまりバッターのタイミングを外して打ち取るようにするという変化球です。

今でこそボール自体が大きく落ちるように変化するなどを言われていますが、昔はとにかくタイミングを外すために投げられていましたのでイメージはスローボールのような感覚だと思って頂けると分かりやすいと思います。

ただ何が違うのかというと、ボールの回転などが速球を投げた時より少なくなるように握る握り方で握って投球をしますのでキャッチャーの所に行く間に空気抵抗などを受け変化をするボールです。

上達のポイントとしては、速球との球速の差が大きければそれだけバッターのタイミングを外すことが出来るので有効なボールになります。

更に、チェンジアップは速球を投げるタイミングでボールを離し、腕の振りも同じ形で振りますので体への負担も少なく故障があまりない変化球ですので、覚えようとする人が多くいます。
 

2.握り方

野球でのチェンジアップという変化球の握り方は、一般的にはボールを深く握るようにしてボールを握ります。

スポンサーリンク


この時のボールの握り方は正直いろいろあります。

お調べいただくとたくさんのものが出てくるのではないかと思いますので、ここではいくつかだけを紹介したいと思います。

例えば、5本すべての指でボールを包み込むように握る方法や親指と人差し指で○を作りその丸の部分にボールの側面を当ててそのままボールを他の3本の指で握る握り方などがあります。

変化球の握り方全てにおいてそうですが、自分に合った握り方は何度も練習して試してみた上でないとわかりませんので、練習して試してみて下さい。

試した結果、ボールがうまく抜けて相手に対して投げる事の出来る握り方を探し出せたところで投げ込みを行うようにしてみて下さい。

腕の振り方は先ほども言ったように速球を投げる時と同じです。

他の変化球と違い、ボールの握り方だけでそれ以外は変化をつけずに投球すると、自然と空気抵抗によって変化をしたり減速をしたりしますので、上手に使えるようになればバッタに対しても有効な変化球の一つになりますし、速球の時とのスピードの落差があればあるほど決め球としての使い方も出来るボールです。

もっと上達を目指すなら、腕の軌道を変えることなく手首の使い方も変えずにストレートを投げる時よりも腕の振りを速く振って投げるように意識するとよりスピードに変化が出てくると思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク