野球の球種にスプリットというボールがあります。

スプリットを投げたいけれどどう投げるかわからないという方のために、スプリットの投げ方とその上達方法をご紹介していきたいと思います。

1スプリットとは

正しい名前は「スプリットフィンガードファーストボール」と言います。

スプリットはフォークボールに似ていると言われています。

フォークの落ち方が小さいバージョンだと思ってもらえば大丈夫だと思います。

また、落ち方が小さいためストレートにも近く、バットの芯を外すボールには最適だと思います。

スプリットは落ちるボールのためゴロを打たせやすくなります。

2スプリットを得意とするピッチャー

スプリットを得意とする最も有名なピッチャーは、誰もがご存知の田中将大投手です。

昨今スプリットを使うピッチャーが減少傾向にあります。

特に、メジャーリーグではスプリットを使うピッチャーが減ってきています。

理由としては、スプリットは肘への負担が酷いからです。

多投すればするほどその負担が肘の故障につながります。

現に田中投手も肘を怪我しました。

スプリットの投げ方を覚える前にこの事実を忘れてはいけません。

3スプリットの投げ方

スプリットの投げ方をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


基本的にはフォークと同じです。

フォークの握りを少し浅くしてストレートと同じように投げるだけでスプリットを投げることができます。

スプリットを投げるにはそれなりに握力が必要になります。

ボールを挟んでも相手に取られないくらいの握力をつけましょう。

また、先ほども書きましたが、スプリットは肘への負担が大きいボールです。

必ずケアを忘れないようにしましょう。

少しでも違和感を感じたら、我慢せずに病院に行きましょう。

4試合でのスプリットの使い方

スプリットは肘に大きな負担がかかるので多投は避けたいボールです。

あくまでもストレートがあってのスプリットだということを忘れてはいけません。

試合では決め球や、決め球の前の見せ球として使うことを強くお勧めします。

スプリットを投げすぎて2度と野球ができない体になってしまった方もいます。

スプリットなどという変化球に頼る前に自分のストレートを磨きましょう。

いかがでしたでしょうか?

スプリットは投げられるようになればピッチングの幅は大幅に広がります。

その分、体にも負担がかかります。

自分の体と相談しながら投げるかどうか決めてください。

少しでもこの投げ方と上達方法を参考にしてみてください。

最後にもう1度、ケアはしっかりしましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク