ピッチャーに変化球は大事なものです。

速いストレートを球速以上に速く見せるためにスローカーブという変化球があります。

スローカーブを投げることで、ピッチングの幅も広がり上達にもつながります。

スローカーブの投げ方をご紹介していきたいと思います。

1.スローカーブとは

スローカーブは文字通り遅いカーブのことを言います。

カーブと違うの?と思う方もいると思いますが、ほとんど変わりはありません。

ですが、スローカーブという球種が存在するということは多少なりともカーブとは違いがあるということです。

2カーブとの違い

簡単に言うと遅いカーブですが、カーブとの一番大きな違いは、曲がりの大きさです。

カーブはスローカーブほど曲がりが大きくありません。

スローカーブは遅く、曲がりも大きいのでバッターにとってはタイミングが取りにくく打つのが難しいです。

また、ストレートの後に投げることでより遅く見えますし、スローカーブの後にストレートを投げることでストレートを速く見せる効果もあります。

3スローカーブの投げ方

スローカーブの投げ方は人それぞれですが、ここではオーソドックスなものをいくつか紹介します。

スポンサーリンク


一番簡単なスローカーブの投げ方としては、カーブの握りで浅く軽く持ち、すっぽ抜けるような感覚で投げると、カーブのように球速は速くなく、曲がりが大きいボールになります。

また、西武ライオンズの岸孝之投手が投げているボールはカーブですがとても曲がりが大きいので、もう少し握りを浅くするとスローカーブになるのではないかと思います。

4実戦で使うスローカーブ

カーブを投げられる人は実戦でスローカーブを使う機会は少ないと思います。

スローカーブの方が浅く握るため、どうしてもコントロールが定まりにくいです。

逆にストレートが速くて、変化球が何種類もないという方は多く投げることになります。

決め球に使ったり、4番打者の初球のはいりなどにも使えるようになると思います。

試合中に急にストレートが入らなくなったりした時は、スローカーブを投げて気持ちをリセットするという方法もありますので試してみてください。

いかがでしたでしょうか?

スローカーブを投げることは簡単ではありませが、投げられるようになることでピッチングの幅も広がるし、上達にもつながります。

ぜひ、参考にして練習してみてください。

また、肘や肩、手首などにも負担がかかるのでケアを忘れないようにしましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!