野球のピッチャーは、ストレートの他カーブやスライダーなどの変化球を使って、バッターに対応しますが、シュートを覚えることで、より投球の幅を広げることができます。

1.野球のピッチャーのシュートの握り方

野球のピッチャーのシュートの握り方は、一般的にはストレートの場合、人差し指と中指を縫い目の部分にかけるのですが、シュートの場合、人差し指一本だけ縫い目にかけて投げる人が多いようです。

ボールの縦方向の縫い目に沿って、人差し指をかけます。

他には、縫い目に指をかけない握り方をする人や、親指だけを右側にずらして握るピッチャーもいますので、みなさん自分に合った握り方を見つけましょう。

しかし、どの握り方をするにしても、人差し指で切るような感覚は一緒ですので、その感覚を養っておきましょう。

これは家の中でも簡単にできる上達メニューです。

基本的には、投げ方はストレートと同じですが、足を上げてから、バックスウィングをして、肘がだいたい肩の高さに来たあたりで、ストレートよりも外側に捻る意識をもちます。

この時、あまり強く捻ろうとする必要はありません。

この捻る意識と、ボールの縫い目を人差し指にかけている握り方よって、ボールは右回転ボールになりやすく、例えば、右ピッチャーが右バッターのインコースに投げる場合、手元に向かって差し込んでくる形になります。

スポンサーリンク


その時、コントロールよくシュートを投げるには、イメージとしては、左バッターボックスに目がけて投げる感じでしょう。

特に速球派投手は、インコースにシュートを投げ込むことで、打者を圧倒することができます。

昔、プロ野球の西武ライオンズに、郭泰源投手という速球投手がいましたが、彼のシュートは、分かっていてもなかなか打てない、切れのあるシュートを持っていました。

右バッターのインコースには、シュートはとても有効ですが、コントロールミスをすると、デッドボールになりかねませんので、気を付けましょう。

2.ピッチャーのシュートの効果的な投げ方

例えば右ピッチャーが、右バッターにシュートを投げる場合、なるべく、ピッチャーマウンドのプレートの、左の端の方から投げ込みます。

こうすることによって、右バッターのインコースへ、非常に角度のあるボールが投げることができます。

これにより、バッターは非常に、ボールに差し込まれる形になります。

特に、ドアスイングするバッターや、手首をこねて打つバッターには、バットの芯で捉えることができなくなるので、とても効果的です。

内野ゴロを打たせて、ダブルプレーを取りたい場合なども、右バッターへのインコースのシュートは効果的です。

またランナー2塁で、サード側にバントさせたくない時は、右バッターにはシュートを投げるとよいでしょう。

シュートを駆使して、より高いレベルのピッチャーに上達しましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!