野球の変化球にシュートというものがあります。

シュートはスライダーやカーブとは違いうちに食い込む変化球です。

ここでは、シュートの投げ方とその上達方法をご紹介していきます。

1.シュートとは

野球のシュートの一般的なイメージは、速球派のピッチャーが得意とするボールというイメージがあると思います。

ですが、そんなにスピードが速くないピッチャーでも詰まらせて打ち取ることができるボールです。

シュートを覚えると自分とは逆利きのバッターのピッチングにも幅が広がります。

2自分とは逆利きのバッターへのシュート

自分とは逆利きとは右ピッチャーなら左バッター、左ピッチャーなら右バッターのことを言います。

シュートがあることで自分とは逆利きのバッターに強くなります。

理由は外に逃げる変化球だからです。

外に逃げるということはバッターの目から遠ざかるという事なので、バッターにとって打ちにくいボールです。

そこに、逆に内に入るスライダーなどがあるとさらに打ち取りやすくなると思います。

3シュートの投げ方

野球のシュートの投げ方は人それぞれで握りも様々です。

ストレートを投げているつもりでもシュートしてしまう人もいると思います。

スポンサーリンク


そういった方は自分のシュート癖を存分に生かせるようなピッチングをしていきましょう。

逆に、いくら投げてもシュートしないという人もいると思います。

そういった方はツーシームのように縫い目に指をかけて人差し指をリリースの直前まで残すという投げ方があります。

この投げ方で投げられるという方が多いと思います。

それでも投げられない人は、思い切って手首をひねってみましょう。

この投げ方は一番いいシュートが投げられます。

ですが、手首にもかなりの負担がかかります。

手首が柔らかくて器用な方は試してみてもいいと思います。

それ以外の方はケガのリスクが高くなってしまうので、できればやめておきましょう。

4実戦でシュートを使う場面

シュートを投げられるようになると実戦でシュートを使うことが多くなります。

ストレートに似ている球種なので比較的コントロールもつけやすいです。

ストレートを投げずにシュートで組み立てをするのも一つの手です。

また、強打者のインコースにシュートを投げて打ち取ることもできるようになります。

ぜひ試してみてください。

いかがでしたでしょうか?

シュートはそんなに難しい球種ではありません。

ここで書いたシュートの投げ方とその上達方法を参考にして練習してみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!