野球の全ピッチャーが憧れる速いストレートですが、速いストレートを投げることはなかなか難しいです。

簡単に球速アップできるトレーニングは無いのでしょうか。

もちろんあります。

そこで、簡単に球速アップできるトレーニング方法と上達方法をご紹介していきます。

1どうしたら球速アップできるのか

野球のピッチャーが球速をアップさせる要因として大事なのは下半身の使い方とリリースにあると考えています。

日本人ピッチャーは「ピッチャーは9番目の野手」という言葉もあるくらい投げた後の守備を意識しますがこれでは本来のスピードは出ないと考えています。

逆にメジャーリーグのピッチャーは守備を意識していないので背中側に体が流れることが
おおいですが、これが球速アップのコツだと思っております。

日本人ピッチャーの様に軸足を蹴りだしてそのまま付いてしまうのはボールにすべてのパワーを伝えきれていないのではないかと思います。

世界最速左腕のチャップマンの投げ方に類似した下半身の使い方がベストだと考えています。

前足に全体重を伝えることができれば自然とボールにも全体重がかかり、球速がアップすると思います。

2チャップマンのような下半身の使い方をするためのトレーニング

とてもメジャーのピッチャーらしい下半身の使い方をしていますよね。

日本人ピッチャーの様に前足を思い切り前に出して低い体勢から投げるのではなく、少し、立ち気味で投げている姿勢がポイントになります。

スポンサーリンク


少し立ち気味で投げることによって体が回転しやすくなり、回転した分だけスピードも速くなります。

慣れていないと少し難しく感じますがスピードは上がると思います。

3効率のいい体の回転をつくるトレーニング

効率よく体を回転させるには軸がとても重要になってきます。

頭のてっぺんから串を刺されているようなイメージで回転します。

軸をぶらさずに回転させることがコツになります。

また、体を回転させるスピードがそのままボールのスピードに直結してきます。

ですので、回転するスピードを速くすればするほどボールも速くなるということです。

4リリースの重要性

リリースはコントロールに必要な部分でもありますが、スピードを上げるためにも重要になります。

リリース時に指先でボールを切るように投げることで、スピンがかかり伸びあがるようなボールになります。

ボールが伸びてくることによって、球速以上にボールが速く感じます。

それは、初速と終速の差が少ないことで起こります。

指先でスピンをかけるという感覚はなかなか難しいと思いますがキャッチボールから挑戦してみてください。

いかがでしたでしょうか?

自分の下半身の使い方やトレーニング方法を見直せば簡単に球速がアップすると思います。

また、スピンをかけられるようになることで打たれにくいボールを投げることもできます。

ぜひこの上達方法を参考にしてトレーニングをして球速をアップさせてみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!