野球の試合でピッチャーが気をつけなくてはならないことがボークです。

ボークをしてしまうと相手が有利になるだけでなく、自分のピッチングにも影響が出てしまうこともあります。

そこで、野球の試合中に気を付けたいボークとその対処方法をご紹介して行きます。

ピッチングの上達にもつながるのでよく頭に入れておいてください。

1ボークとは

ボークとは、簡単に言えばピッチングにおいてピッチャーが犯してはならないプレーのことです。

野球の試合中にボークを取られてしまうと、ランナーがいる場合はすべてのランナーに1つの進塁が与えられてしまい、ランナーがいなくてもボールカウントを1つ取られてしまいます。

ピッチャーのボークは審判の裁量によって決められてしまうため、自分がボークをしていなくてもとられてしまう場合が多くあります。

特にアマチュアの野球の審判にはボークを宣告することに生きがいを感じて1試合に何度もボークを取る審判がいるので注意してください。

ボークが宣告された場合はすぐにボールデッドとなるわけではなく、プレー終了後にそのプレーまでさかのぼって判定されます。

スポンサーリンク


ボークを犯してしまうと相手がかなり有利になってしまうので、ボークには気を付けましょう。

2主なボークの種類

ボークが起きてしまう場合のほとんどのケースではランナーがいてセットポジションになっています。

こういった場合で多く起きるボークは、セットポジションで首から下が動いてしまうケースが多いです。

その他にはボールを落としてしまったり、牽制をするときにボークを取られることが多いと思います。

ボールを落としてしまうのは本当にもったいないミスなので気を付けるようにしてください。

3ボークの対処法

ボークの対処法としては、セットポジションに入って動かないことと、ランナーのトリッキーな動きに騙されないことです。

投げる直前にランナーが動いてしまったときにあたふたすることも多いと思いますが、ピッチャーはピッチングをやるうえでは常に冷静でいるようにしましょう。

また、セットポジションに入ってから深呼吸をしたりすると落ち着いてプレーができると思います。

いかがでしたでしょうか?

野球の試合でボークを取られることはないほうがいいです。

ピッチングに影響を出さないためにもぜひここで書いたことを参考にして上達を目指してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!