野球の試合でバッターを打ち取るために組み立てを考えますが、とても難しくてワンパターンになってしまいがちですよね。

そんな難しい組み立ての助け舟となれるような組み立て例や上達方法をご紹介していきたいと思います。

1.ピッチングの組み立て方の基本

まずピッチングの組み立ての基本ですが、アウトコースとインコースのどちらで勝負するかが基本となります。

ピッチャーごとにも変わってきますが、大体のピッチャーはアウトコースで勝負したいと考えるのが一般的でしょう。

そこで、私はあえてインコース高め(インハイ)での勝負を押していきたいと思います。

ほとんどのピッチャーはインコースに投げるのはアウトコースに投げるよりも嫌がります。

それは単純にデッドボールが怖いからです。

まず、そのイメージを払しょくしてください。

インコースにきっちり投げることができないと、組み立ての幅が狭くなってしまい、バッターを打ち取ることが難しくなります。

2.お勧めの野球のピッチング組み立て例

ケース1 右打ち、4番バッター、大振り気味

初球を厳しいところに投げて、手を出させないようにしましょう。

空振りや見逃しでストライクを取るのもいいですが、ファールでストライクを取ることも視野に入れましょう。

2ストライクまで追い込んだら2パターンの方法があります。

アウトコースに変化球をみせて、インハイのストレート勝負

スポンサーリンク


インハイにストレートをみせて、アウトコースの変化球で勝負

ケース2 左打ち、1番バッター、足が速い、流し打ちが上手い

初球を必ずストライクを取るようにしましょう。

1番バッターは初球を見てくることが多いので必ずストライクを取るようにします。

アウトコースのボールはあててポテンヒットというのが一番厄介なのでインコース勝負。

右ピッチャーならインコースに入ってくる変化球も有効的です。

左ピッチャーならアウトコースに逃げていく変化球でひっかけさせてゴロでアウトを取るのも理想的です。

ケース3 小柄、足が速い、カット打法

背が小さいバッターはおのずとストライクゾーンも小さくなります。

どんどんストライクを入れていって勝負していきましょう。

フォアボールは絶対に避けなければなりません。

ケース4 右打ちor左打ち、3番バッター、アベレージヒッター、器用

打ち取るのが一番難しいバッターになります。

まず、早めに追い込むことが第一となります。

追い込んでからは厳しいコースに突いていき打ち取ります。

ウイニングショットがあれば早めに投げ込むこともおすすめです。

これらの組み立てはあくまでも例です。

そのバッター1人1人のピッチングの組み立てをしていかなければ打ち取ることが難しくなります。

キャッチャーとよく考えて組み立てをしていきましょう。

この野球のピッチング組み立て例と上達方法を参考にして練習してみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

アナタもプロ野球選手になれる!!
このプログラムは元読売ジャイアンツの橋本清氏 が教えるアナタの理想のエースになれるマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、球速もコントロールもある安定したピッチャーになれます!!
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

制球力を上げる練習方法!!
このプログラムは元西武ライオンズの三井浩ニ氏 が公開するコントロールを良くする練習方法です!!

これさえ身につければ、アナタも大事な場面でストライクを取れるようになれます!!