野球の試合でバッターがランナーとして出塁した際、野球の基本的な考えとしてランナーは次の塁を狙い、そして本塁に生還し、得点することを常に考えておく必要があります。特に、盗塁をする場合には、ピッチャーの投球動作を見逃さずに、盗塁をすることが重要です。

そこで、野球においてピッチャーのモーションを盗む方法についてポイントを紹介します。

1.ピッチャーのモーションについて

ピッチャーのモーションは、それぞれのピッチャーの投げ方の特性によります。例えば、通常、ランナーがいない場合にはセットポジションを取ります。これは、ランナーを牽制する目的や、投球のモーションを早くするクイック投法でボールを投げるための工夫です。

しかしながら、このセットポジションやクイック投法を苦手とするピッチャーは多いとされています。さらにこのような投球になった場合には、ピッチャーがストライクを取ることが難しくなることもあり、バッターを助けることもあります。

このように野球の試合では、ランナーはピッチャーの投球動作の隙を狙い、次の塁へ狙える準備をしておくことを常に心がけます。

2. ピッチャーの足をみて盗塁の判断をする

野球の試合で盗塁をするときのポイントとしては、ピッチャーの足の動きを確認することです。

スポンサーリンク


ピッチャーが右投げの場合には、右足の軸足、左投げの場合には左足の軸足の動きを確認します。この軸足の膝の動きがピッチャーの投げる方向を決めると言っても過言ではありません。

例えば、ピッチャーの膝がホームに向いていれば、牽制はされません。これは人間の体の動きとしては、軸足の膝の向きが投げる方向に向かなければ、ボールをその方向に投げることができないからです。従いまして、その膝の動きを確認して、本塁に向いていたら、盗塁のスタートを切るポイントにもなるのです。

このように野球の走塁においては、ボールだけでなく、ピッチャーのちょっとした動きも注意して、モーションを盗むことも、野球をする上では大事なことです。

2. 野球の試合では大胆な走塁リードも必要ですが戻れる距離を取る

ただ、走塁リードについてはなかなか躊躇する動きではあります。ピッチャーの牽制がうまい場合には、リードの幅も短くなりがちです。

ただ、野球の試合においては、ランナーの走塁リードでも大胆性さが必要です。大胆な走塁リードだとしても、きちんと帰塁することができれば問題ありません。従いまして、帰塁の際には自分が正確に帰塁できる距離を把握しておくようにします。

さらに、帰塁の場合には、手から戻れる様にヘッドスライディングの練習をしておきます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!