野球の試合において、ホームスチールは大変勇気のいるプレーです。確率からすれば、50回試みても、1回成功すれば上出来でしょう。

それを上達させて、できるだけ高い確率で成功させるには、どうしたらよいのでしょうか。

1.野球のホームスチールのやり方

たとえ、50回に1回しか成功しなくても、一か八か試してみる価値はあります。

それにはまず、相手選手にばれてしまうような、大きいリードはとらないことです。

普通のときと同じリードをとり、ピッチャーが足をあげたら走りますが、成功する秘訣は、バッターが追い込まれた2-1や2-2のカウントで、ピッチャーがバッターを三振に取ろうと集中した時や、アウトローに変化球を投げるような場合を狙って走るのです。

またピッチャーが振りかぶって投げる、いわゆるワインドアップで投球する時には、ピッチャーは三塁ランナーに無警戒ですので、成功させやすいでしょう。

キャッチャーにも気づかれにくいように、ややラインよりを走り、バッターが右打者の時を狙っておこなうのがよいでしょう。

スタートを切ってから、もし間違いなくアウトのタイミングの場合には、しょうがないのですが、意識して三本間に挟まれましょう。

挟まれたからといって、簡単にあきらめてはいけません。

できるだけ相手の野手にボールを投げさせて、落球を誘いだします。

スポンサーリンク


たとえ自分の体にタッチされても、体を大きく揺さぶって落球すれば儲けものです。

決して野球のプレーでは、あきらめてはいけません。

もうひとつ、ホームスチールを成功させる秘訣は、相手が左ピッチャーのときです。

左ピッチャーの時は、ピッチャーが足を上げる前に一か八か走るのが得策です。

ゆっくりとスタートを切り、徐々にスピードを上げながら、ホームに突進します。

2.ホームスチールの注意点

野球の試合でホームスチールは、打席に立っているバッターが、強打者の場合や、その日の調子がよく当たっているバッターの時には、決して行うべきではありません。

逆に下位打線のバッターで、その日の調子もよくなく、ホームスチールを試みる価値がある場合にだけ行いましょう。

それだけリスクの大きいプレーです。

また、監督のサイン無しで行うと、バッターが三塁ランナーが走ったことに気付かないで、バットを振ってしまう危険がありますので、なるべくノーサインでのホームスチールは避けたほうがいいでしょう。

他にピッチャーやキャッチャーが、ファーストやセカンドへ牽制球を投げた時に、ホームに突っ込むというケースもあり、これもりっぱなホームスチールです。

これらの走塁を上達させておけば、野球の試合の大事な場面でかならず役に立つはずです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!