プロ野球や高校野球の試合では、ランナーがヘッドスライディングをする場面を見かけます。ヘッドスライティングをすることにより、ベースに早く手を届かせることができます。しかしながら、やり方をも間違えてしまうと、怪我をする元にもなります。

では、野球の走塁において、ヘッドスライディングのやり方と注意点について説明をします。

1.ヘッドスライディングについて

野球の走塁におけるヘッドスライディングは、ランナーが手からベースに着くことです。例えば、ランナーがそれぞれの塁にいて、ピッチャーから牽制をもらう場合には、手からベースに帰塁する際に使います。このヘッドスライディングは、見た目よりも危険な動作です。

2. お腹を使う

野球の走塁におけるヘッドスライティングは、お腹から滑るようなイメージでやるようにします。胸や頭から戻るイメージを持っておくと、胸を強打し、首を痛めてしまう場合もあります。なるべくお腹を使って滑るようなイメージをもってやるようにします。

3. ヘッドスライディングの注意点について

野球の走塁におけるヘッドスライディングをする際の注意点について、3つ紹介します。

スポンサーリンク


1. 1塁へのヘッドスライディングはやらない

1塁へのヘッドスライディングは高校野球の試合などで最終回などによく見られるものですが、危険は行為の1つです。バッターはランナーとして1塁へトップスピードで走っている状況でヘッドスライディングをすることになります。もしヘッドスライディングをするタイミングを間違えてしまうと、ベースで首を強打し、肩を痛めてしまうこともあります。

2. 本塁でのクロスプレーでも危険

野球の試合における本塁でのクロスプレーにおいては、攻撃側は点を取りたいという気持ちと、守備側は得点を阻止したい気持ちとがぶつかり合います。このため、本塁でのクロスプレーにおいては、気持ちのぶつかり合いがプレーにも反映されてしまう傾向があります。

本塁のクロスプレーに関しては、近年、コリジョンルールというものが設けられ、守備側の危険なブロックをした場合には走塁妨害として点数が加点されることもありますが、基本的には本塁への突入においては、ヘッドスライディングではなくスライディングでの対応をお勧めします。

3. 小学生の野球においては審判から注意が入ります

小学生の野球においては、ベースへの帰塁を除くヘッドスライディングにおいては、基本的には禁止です。もしヘッドスライティングをした場合には審判から注意が入ることがあります。

少年野球のヘッドスライディングについては指導者も気をつけるようにしましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク