野球の試合で、「ダブルスティール」を成功させて、ランナー二三塁になれば、一気に得点のチャンスが巡ってきます。

「ダブルスティール」をいつでも狙えるように、日頃からダッシュの練習を繰り返しましょう。

1.野球のダブルスティールのやり方

ダブルスティールを成功しやすいカウントは、主にワンアウトで、カウントが2-1や2-2の時でしょう。

ピッチャーは打者に集中しますし、きわどいボールを投げ込んでくるので、盗塁しやすいでしょう。

基本的にファーストランナーは、あまり慌てずに、セカンドランナーが走ったのを見計らって、セカンドベースをねらいます。

セカンドランナーは、一か八かのスタートを切りますので、左ピッチャーのほうがサードに盗塁しやすいでしょう。

セカンドランナーがいいスタートを切って、キャッチャーはサードには間に合わないと思った時には、セカンドベースに投げてくるかもしれませんので、ファーストランナーは注意が必要ですが、キャッチャーが悪送球するなどミスをすることもありますので、二塁ランナーがスタートを切った後、余裕を持ってスタートを切るようにしましょう。

セカンドが三塁への盗塁を成功させるには、いいスタートを切ることはもちろんですが、かなり広いリードを取らなければなりません。

リードを大きくとっていないと、三塁への盗塁の場合は、どんなにスタートがよくてもなかなかセーフになることができません。

スポンサーリンク


もうひとつは、ピッチャーの癖を事前に把握しておくことです。

どんなピッチャーでも、一つや二つの癖は持っているものです。

ホームベースへ投げる時に、必ず行う仕草などを事前に把握していれば、早いスタートが切れ、盗塁の技術が上達していきます。

加えてダッシュ力の上達する走り方ですが、リードで構えた姿勢をなるべく変えないように、少し前傾した姿勢で、頭の位置もそのままにして走ります。

体が上下動してしまうと頭が動いてしまうので、つま先だけで跳ねるように走るのはやめましょう

野球の試合でダブルスティールは、ベンチからサインが出て行うものがほとんどですが、ランナーはサインを絶対に見逃してはいけません。

2.ランナー一三塁でのダブルスチール

これは、少しイレギュラーな例ですが、野球の試合ではランナーが一三塁にいる時には、一塁ランナーが盗塁した時に、特にツーアウトの時には、キャッチャーはセカンドへ送球することがよくあります。

この時三塁ランナーは、セカンドやショートがそのボールをカットしないことを確認して、ホームベースを狙える時には、一か八か走ってみるのもいいと思います。

ファーストランナーは、うまくスタートが切れず、セーフになりそうもないと判断すれば、わざと挟まれて、その間に三塁ランナーがホームを踏めば得点になりますので、
行ってみる価値はあると思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!