野球の試合でディレードスチールをする時には、できるだけ相手に先のベースを盗むことを知られないようにしなければなりません。

内野手はもちろん、相手のベンチにいる選手にも、できるだけ気づかれないように行います。

1.野球のディレードスチールのやり方と注意点

ディレードスチールは、相手の意表を突くプレーです。

相手に走ることを気づかれないように、ランナーはベースから離れるときに、あまり大きくリードしすぎないことが重要です。

普段よりも、半歩ほどリードの幅を狭めます。

ピッチャーやキャッチャーに、「このランナーは絶対に走らないな」と思わせます。

一般的には、ピッチャーが投げて、キャッチャーのミットに収まったあたりで、キャッチャーに気づかれないように、スタートを切るのが、ディレードスチールのやり方です。

これが、野球の試合で一番成功する確率が高い方法です。

何故かと言いますと、キャッチャーはボールがミットに収まるころには、ランナーは盗塁しないことを確認していますので、完全に安心しきってしまうからです。

その時を見計らってスタートを切れば、ベースを盗むことができる確率はあがります。

もう一つの方法は、キャッチャーが、ボールを捕球してピッチャーに投げる瞬間に、走るケースです。

スポンサーリンク


これは、なかなかセーフになる確率が難しいのですが、たとえば、キャッチャーがピッチャーに返すボールが遅かったり、山なりだったりするケースの場合は有効になります

ディレードスチールを成功させるには、このような技術を上達させておけば、決して足の速くない選手でなくても、盗塁を決めることができます。

2. ランナー一三塁でのディレードスチールのやり方h3>
野球の試合で、ディレードスチールが大変有効なのが、ランナー一三塁のときです。

相手のキャッチャーは、ランナーがセカンドにいきなり走ったと思い、慌ててセカンドベースに投げてくるかもしれません。

それを見計らった三塁ランナーが、うまくホームベースを奪えばしめたものです。

この時ファーストランナーは、三塁ランナーをホームに返すのが目的ですので、アウトになることを怖がらずに行いましょう。

この場面での注意点は、一二塁間に挟まれてアウトになるにしても、できるだけ粘って、なるべく二塁ベースに近いところでアウトになって、三塁ランナーをホームに返せるようにがんばりましょう。

挟まれている間に、野手がボールをそらすことがあるかもしれません。

もし、タッチされそうになっても、体を大きく揺らすなどをして、最後の抵抗をします。

そのような技術も、普段から上達させておいたほうがよいでしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!