フォークボールとは打者の手前で大きく沈み空振りを誘う変化球です。

プロ野球選手でフォークを決め球にしていることが多いのは上手く決まれれば打たれることが少ないからです。

バッターからすると手元で沈むフォークはとても厄介です。

今回はフォークの打ち方の上達方法を紹介します。

1.フォーク打ちは難しい

フォークはピッチャーが空振りを取りに来る時に投げる球で、落差のあるフォークはバッターからすると球が消えるような感覚があり、バットに当てるのが難しい球です。

なぜフォークが落ちるのかというと、球を2本の指で挟んで投げることで回転がほとんどなく、空気抵抗を受けやすいので、球の勢いがなくなると急激に下に落ちます。

これがフォークが落ちる理由です。

プロ野球でかつてベイスターズの抑えで大魔神と言われていた佐々木さんが落差のあるフォークを武器に活躍してメジャーリーグへ挑戦しました。

メジャーリーガーですら佐々木さんのフォークに苦戦して多くのセーブを築き上げていきました。

それだけ手元で落ちるフォークを打つのは難しいのです。

1.フォークがあるピッチャーと対戦する時は

ではフォークを投げるピッチャーを攻略するにはどうしたらいいのでしょうか。

まずフォークを投げるピッチャーと対戦する場合にはボール球に手を出さないことです。

多少のボールでもヒットができそうであれば打ちにいくケースがありますが、フォークだった場合、そこからさらに落ちて当たらないボール球になります。

ストライクからボールになるフォークを空振りするのはやむを得ませんが、ボールからボールへのフォークは見逃さなければいけません。

スポンサーリンク


ピッチャーはフォークをコントロールするのは難しいのでボールからボールの球をバッターが打ってくれるととても助かります。

そうするとフォークが投げやすくなり、バッター不利になります。

フォークがあるピッチャーと対戦する時はボール球に手を出さないことです。

3.フォークの打ち方

次はフォークを打ち方のポイントです。

ピッチャーがフォークを投げるとわかっていても空振りをするケースがあります。

それは球が落ちる瞬間にバットに当てにいくからです。

落ちる瞬間はそこからどれだけ落ちるのかわからないので球をバットに当てるのは非常に難しくなります。

フォークの打ち方は落ちる前か後に打つことが大切です。

落ちる前に打つにはフォークはストレートに比べると球速が落ちるので少し泳がれる形になります。

そのまま泳いでフォークが落ちる前にバットに当てる方法です。

フォークは回転がかかっていないため、バットに当たるとストレートに比べてよく飛びます。

泳がされてもヒットになる確率は上がります。

次が落ちたあとに打つ方法は球を引きつけてフォークが落ちきった時に詰まりながらヒットにします。

詰まりながら打つので長打は見込めませんが、シングルヒットは打てるでしょう。

球を引き付けるのでボール球には手を出さなくなります。

最近の野球は変化球の種類が増え、多彩に投げる選手が多くいます。

フォークは昔からある変化球でそれを決め球にしている選手は多くいます。

相手の決め球を打ち返すことができれば、試合は有利に運ぶことができます。

フォーク打ちをマスターして上達をし、相手の決め球を打ち返すことができるようになりましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク