野球においては、三塁へ盗塁するケースは少ないと思います。ただ、盗塁ではなくてもピッチャーが投げたボールをキャッチャーが後ろにそらすなど、ワンバウンドのボールを捕り損ねてしまうことで、ランナーが三塁を陥れる場合もあります。

そこで、今回は野球のサードの守備において、盗塁する選手を三塁ベースで阻止するためのベースへの入り方について説明をします。

1.ベースへの入り方のポイントについて

野球では基本動作が大変重要です。この基本動作がしっかりと身についている選手は、いずれはうまくなり、主力の選手になる可能性が高いです。 

例えば、プロ野球の選手においてもベースの入り方のポイントを把握し、日々練習をしています。では、三塁ベースに入る際のポイントを2つ紹介します。

1. 素早くベースに入る

1つ目のポイントは、サードはランナーが盗塁を試みてきた場合には、素早く三塁ベースに入ることです。理由は素早く三塁に入らない場合には、キャッチャーがサードにボールを投げることができないからです。

盗塁でランナーを刺す場合には、まずは素早くサードは三塁のベースに入ります。

またベースを踏まずに入るようにします。ベースの上に入ると、盗塁してくるランナーのスパイクが足にあたり、思わぬ怪我をする場合もあります。野球においては怪我をしないプレーも大事ですので、守備の位置も工夫をします。

スポンサーリンク


2. 低い姿勢でボールを待つ

2つ目のポイントは、サードに素早く入った時点で、低い姿勢で三塁のベースに入ることです。そしてキャッチャーのボールを低い姿勢で受け取ります。

理由としては、キャッチャーはランナーをサードに置きたくなく、さらに、盗塁を阻止しようとして低い球を投げてくる可能性がありますので、後ろへ逸らさないためにも低い姿勢で目線とボールとを近い距離に合わせましょう。

3. ランナーへのタッチは勢いよく

3つ目のポイントは、ランナーへのタッチは勢いよく実施することです。
ランナーの盗塁が成功したか、どうかは審判の目に委ねられています。そこで、ボールを確実に捕球した後は、ランナーに対して直角にはいり、ベースを踏まずにまたぐ姿勢でボールを捕球し、ランナーに勢いよくタッチします。

この勢いよくタッチができない場合には、審判もアウトのタイミングであったとしても追いタッチと呼ばれるタッチでセーフとなる確率が高くなります。くれぐれも、タッチする場合にはランナーに対して、ポンと勢いよくタッチし、最後はボールもしくはグラブを高くあげて、アウトをアピールすると良いでしょう。

野球の試合ではこの審判へのアピールも重要なポイントです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク