野球において、サードは強いボールが飛んでくるポジションです。特に、右バッターの場合、野球の試合においては相当にボールを引っ張って打つ場合があり、サードでもファールギリギリの三塁ベース際にゴロを打ってくる場合もあります。

そこで、今回は野球のサードの守備において、三塁ベース際のサードゴロの捕球と送球について説明します。

1.強いボールをしっかりと抑えるためのポイント

野球の試合においては、基本的にはサードには右バッターの強いあたりのボールが飛んでくることが多く、ファールギリギリのラインでボールが飛んでくる場合もあります。特に、際どいプレーが求められるものについては、守備側でもひと工夫が必要な場合もでてきます。

では、野球の守備において、三塁ベース際のサードゴロのさばき方で注意すべきポイントは3つあります。

1. ファールの場合には素早くとる

まず1つ目は、ファールへの対応です。

もしバッターの走力が早いとします。打ったボールがボテボテの三塁ベース側である場合には、サードは無理に捕球するのではなく、無理をせずにファールにしてしまうことも作戦の1つです。

この場合、ボールがファールゾーンに入った時点で、素早くボールをとるようにしましょう。
場合によっては再度、フェアゾンの内側に転がって入ってくることもありますので、ファールゾーンであることを確認し、素早くとるようにしましょう。

スポンサーリンク


野球の試合としては、ランナーを出さないようにするための方策でもありますので、打球判断はしっかりとやっておきましょう。

2. 強いサードゴロは横飛びで

2つ目のポイントは、強いサードゴロの場合には横飛びで対応することです。

例えば、強い打球がサードに飛んできた場合には、無意識のうちに体が反応し、強い打球を横飛びで捕球する場合もあります。特にプロ野球の場合には、この横飛びでボールを捕球するシーンをよく見かけるのではないでしょうか。野球の練習の時から、横飛びでボールを捕球する練習をしていれば、普段の試合でも打球に反応し、体が動くようなプレーをすることができます。

3. ファーストへ投げる時の注意

最後の3つ目はファーストへ投げる時の注意点です。

少なくとも、野球の守備においてサードとファーストは距離があります。さらに、三塁ベース側で捕球をすると、通常のサードよりも深い位置となり、さらには体制を変えてファーストに投げる場合があります。このような時に、ボールをとった状況から足を踏ん張り、ファーストに投げることができるかどうかがポイントとなります。

深い位置からファーストへしっかりとした送球ができるように、日頃の野球の守備練習で身につけておきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!