野球において、サードは強いボールが飛んでくるポジションです。右バッターが基本的に多いこともあり、バッターが思いっきり打球を引っ張って打つと、必然的に強いボールがサードに飛びます。

そこで、今回は野球のサードの守備において、正面のサードゴロの捕球と送球について説明します。

1.強いボールをしっかりと抑える

野球の守備において、サードには右バッターの強いあたりのボールが飛んできます。このボールをしっかりと抑えることがサードの技術であり、さらにサードの醍醐味でもあります。ゴロでも強い当たりで飛んできますので、グラブに入らない場合でも体でしっかりと止めるようにします。

2. 強いあたりのボールでも捕りに行くときには下がらない

強いあたりのサードゴロがきても、野球の守備では下がらないようにします。守備手が後ろに下がってしまうと、腰が引けてしまい、かえってボールを逃してしまうケースがあります。

野球の守備において、強いボールがきても前傾姿勢を崩さず、そして足が後ろに下がらないように意識をします。

3. ファーストへの送球について

サードからファーストへの送球は、内野においては一番距離が長いポジションとなります。したがいまして、サードがボールを捕球したのち、この距離をファーストにノーバウンドで投げるか、ワンバウンドで投げるかが鍵となります。

スポンサーリンク


もし、ノーバウンドでボールがファーストに届かない場合には、無理をせずにファーストが取りやすいように手前でワンバウンドさせることに心がけます。ワンバウンドでも、強く、そして低いボールをファーストに投げることにより、野球の試合では確実にランナーをアウトにできる可能性があります。

また、もしノーバウンドでファーストに送球をする場合には、ストライクのボールを投げるように心がけましょう。その際は、しっかりと投げる腕を振り切り、強いボールをファーストに投げるように心がけます。

このサードゴロを取り、強いボールを投げる野球練習は、日頃のキャッチボールで十分に練習できるものです。キャッチボールを確実に、そして意識しながらボールをなげるようにしましょう。

4. サードへのファールボールでも捕りに行ってファーストに投げておく

野球の試合中においては、サード側にファールがよくきます。たとえファールだとしても、サードゴロをしっかりと捕りに行き、ファーストにボールを投げておくようにします。これは野球の試合では、肩の力が入ってしまうケースもありますので、練習を兼ねて、距離感を掴んでおくようにしましょう。

このように、ファールでも、サードゴロは距離の感覚を確認するために、ボールを捕りに行き、ファーストに投げる練習をしておくようにします。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!