野球において、サードは強いボールが飛んでくるポジションですが、ボールのあたりが強いと動かずにその場に飛んでくることもあります。従いまして、その分、サードの守備位置としては、楽なポジションであるとも言えます。

一方で、このアドバンテージを使い、野球の試合においては、セカンド、ファーストへ送球することにより、ダブルプレーも狙うことができるのです。

そこで、今回はサードの守備において、正面ゴロで捕球し、セカンドに投げるケースを紹介します。

1.二塁への送球は正確に

1つ目のポイントは、サードは二塁への送球をしっかりと投げることです。

この送球の正確さは野球において重要な要素であり、キャッチボールをしっかりしていれば、簡単なことです。

例えば、サードがせっかく正面ゴロを捕球しても、中途半端にワンバンでなげたり、高めに暴投したりと、せっかくできるアウトのチャンスを逃してしまうこともあります。従いまして、常にサードから二塁には正確で、かつ強いボールがなげられ、さらに野球の試合では動きながら二塁でボールをとることになりますので、二塁ベース上でセカンド、もしくはショートが取れるように個別に練習をしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク


2. ツーアウトからの二塁への送球は注意

2つ目のポイントは、ツーアウトからの二塁への送球は注意することです。
もし、野球の試合の流れとして、ツーアウトからサードへの正面のゴロが来たとして、ランナーはバッターがボールを打ったタイミングで走ることもあります。この場合、ランナーのスタートが良い場合には、サードから二塁でのフォースアウトを狙ったとしても間に合わない場合もあります。

そのため、野球においてはランナーの足の動きなどを加味しながら、二塁になげるか、一塁に投げるかの判断をする必要があります。

3. ツーアウトでフルカウントからの二塁への送球について

3つ目のポイントは、ツーアウトでフルカウントからの二塁送球についてです。

この場合、二塁送球については、セーフとなる確率が高いです。

理由はツーアウトでフルカウントの場合、ランナーは走るしかありません。それはバッターが三振を奪われたとしても、バッターがフライを打ったとしても、ピッチャーが投げるタイミングでスタートを切ります。このような時、通常のスタートであるバッターがボールを打った後に走るよりも断然にスタートが早く、その分、バッターが二塁へ走っている距離が長くなることから、送球をしたとしてもセーフとなる確率が大変高いです。

このような場合には、正面ゴロで確実に一塁でアウトになるようにすることが大事です。

野球の試合の流れもありますが、ランナーの走塁スピードが遅い場合には、二塁でアウトにして構いません。あくまで二塁でアウトにするかどうかは野球の試合展開次第であることを念頭に入れておきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!