野球のサードの守備の注意点は、バッターに非常に近く、「ホットコーナー」と名の付く通り強い球が飛んでくるため、注意しなければなりませんが、グラブがボールにはじかれてしまうことのないようにしなくてはいけません。

1.野球のサードの守備のコツ

野球のサードの守備では、三塁線方向にはあまりボールは飛ばないので、できるだけ三遊間を狭めるように構えます。

サードに飛んでくる強いボールに対応するため、あまり前進守備をし過ぎないで、三塁ベースの横あたりに守備位置をとります。

そうすることで、強烈なボールが飛んできても、だいたいは対処することができます。

逆に、ぼてぼての緩いゴロが飛んできた場合は、全力でダッシュをして、その速度を緩めることなく守備態勢にはいり、そのまま走りながら投げます。

それでも間に合わなければ、素手で捕って送球します。

走ってきた速度を緩めないコツは、腰をあまり低く落とさないことです。

重心を走っている状態とほぼ同じ位置に保ち、捕球する時も投げる時も同じ位置で行います。

そうすることで、捕ってから投げるまでの動作が滑らかにすることができるのです。

2.サードの守備の練習法

サードの守備の練習は、少し強いゴロをノッカーに打ってもらい、そのゴロに対してバウンドを合わせることなく、またあまり腰を落とし過ぎることもなく向かっていきます。

スポンサーリンク


そしてそのまま投球姿勢に入り投げます。

投げる時は、腕をあまり高く上げないほうが早く投げることができるでしょう。

またボールへ向かっていく時に、かかと側から足を着地して進んでいくということが、捕球から送球までをスムーズに行うコツです。

サードの守備では、どうしても速いボールが飛んでくるので、足を広げて体で止めに行く意識が働いてしまいますが、足を広げるとトンネルしてしまうことがありますので、体で止めいかずに、しっかり捕球できる練習をするとよいでしょう。

しっかり前傾して、ボールから目をそらさず、顎を引いて捕球することが、上達するコツです。

サードの守備では、ファーストへ投げる時だけでなく、セカンドに投げる時もなるべく走りながら投げる練習を身につけましょう。

野球の試合では、サードの左側に飛んでくるボールが多いので、この感覚を身に付ければ、守備力をかなり上達させることができます。

最後にフライの捕り方ですが、サードベース付近に飛んできたボールは、当然捕らなければなりませんが、それ以外のボールはなるべく他の野手に任せて、あまり無理をして追いかけないほうがよいでしょう。

サードの後ろの方向に飛んできたボールは、ショートやレフトにまかせて、前に飛んできたボールは、鋭く回転がかかっているので、ピッチャーかキャッチャーに任せたほうが無難でしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!