野球でショートは花形のポジションです。

捕球が上手く、足が速く、肩が強く高い身体能力が求められるポジションだからです。

ショートの役割と動き方の基本を紹介します。

上達に役立てて下さい。

1.ショートの役割

野球はセンターラインの守備が大切だと言われます。

その中でショートの役割とは強いチャージと正確な送球、ポジション取りです。

内野の中でショートはどのポジションよりも長い距離を投げなければなりません。

そのため、前に出るチャージと送球の正確さが求められます。

前に出ずに捕球をすると内野安打になってしまい、送球が安定しないとエラーでランナーを与えてしまいます。

特に足の速いバッターのときは平凡なゴロでも強いチャージが必要になります。

ポジション取りとはショート、セカンドは守備範囲が広いので、バッターに合わせて守備で位置をかえる必要があります。

このポジション取りによってヒットをアウトにすることができますが、逆にアウトをヒットにしてしまう場合もあります。

ショートのポジション取りは試合の勝敗に大きく影響します。

2.基本的な動き

ショートを守る上で基本的な動きで大事なことは、まず守っている時の構えです。

体勢を低く、リラックスして構えます。

イメージは中腰です。

素早い動きが求められるので上体が起き上がっている状態だと動きが遅くなり、力が入っているととっさに動けません。

スポンサーリンク


徒競走でスタート時に上体が起き上がって力が入っていると速いスタートが切れないのと一緒です。

リラックスして低い体勢で構えます。

次はショートで守っている時にバッターが打つ一球一球のボールに反応することです。

例えば、バッターがファースト方向へと打った時はファースト方面へ素早く一歩か二歩踏み出します。

自分の所へ打球が飛んでこなくても打球に反応して身体を動かします。

ポイントは打った瞬間に素早く動くことです。

これにより打球への反応が速くなり、守備範囲が広がります。

プロ野球でショートの動きを見ているとファールボールでも反応しているのがわかります。

これは、練習でも試合でも実践しましょう。

ポジション取りの基本で右打者はサード寄り、左打者はセカンド寄りに守ります。

ただし、例外的に足の速い左バッターはサードよりに守ります。

足が速いバッターは三遊間に打ち内野安打を狙うことが多いからです。

このようにポジション取りは様々なパターンがあり、試合の状況によって異なります。

そのため、試合や練習での経験が非常に重要になります。

経験を元に分析や時には勘を働かせてポジション取りをしていきます。

花形のショートは魅力的ですが難しいポジションです。

基本をしっかりと身に付けて上達しましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク