野球において、ランナーを挟んだ場合には確実にランナーをアウトにさせる必要があります。例えばピッチャーの牽制球にひっかかり、ランナーを挟む状況があるとすれば、確実にアウトにすることがチームを救うことにもつながります。

もちろん、ピッチャーが打線を抑えるということも重要なのですが、内野手、外野手に問わず、このランダウンプレーで確実にアウトにすることも重要になってきます。 

そこで、今回は野球の守備において、ショートにおけるランダウンプレーについて紹介していきたいと思います。

1.二塁のランダウンプレーについて

野球の試合において、ショートがランダウンプレーに入るケースとしては、2つあります。
1つ目は、ランナーが二塁にいる際に、ピッチャーからの牽制動作で引っかかってしまうケースです。もう1つのケースは外野からショートへカットボールを投げ、その後、ランナーが飛び出している場合というケースになります。

いずれのケースにも重要視しているのが、短い距離での確実なボールの送球と捕球です。ランダウンプレーにおいては、短い距離でのボールの送球や捕球が確実にできるようにします。

捕球の方法は、キャッチボールの練習で、短い距離で動きながらボールを送球、捕球を繰り返すことによりボールを投げる位置やスピードのコントロールを考えることができます。

スポンサーリンク


2. ランナーの動きを見る

ランナーの動きについては、守備側は常に確認しておかねばなりません。
野球の試合においては、常にランナーの動きをみて、例えば、ボールが外野に飛んで行った場合に、外野手からのカットを効果的に実施することにより、ランナーを二塁と三塁の間で挟むケースが増えてきます。

3. ラウンダウンプレーのこつについて

野球の守備における、ラウンダウンプレーのポイントは、ランナーに進塁をさせないようにすることです。できる限り、もとの塁に寄せるような形でタッチアウトを行います。くれぐれも先の塁でアウトをしないようにします。

例えば、二塁と三塁にランナーを挟んだ場合、二塁に帰塁させる動きをしながら、ランナーをアウトにするようにします。

4. ラウンダウンプレーは練習あるのみ

野球が上手くなりたい場合には、何度も野球の基本的な動きについて練習をしていくことになります。

ラウンダウンプレーをマスターするには、野球の守備練習でケースを想定し、実際にランナーつけたランダウンプレーを実施するのみです。 

ランナーが行ったり来たりすると、そちらばかりに気が行ってしまい、うまくボールを捕球できないこともあります。

従いまして、ランダウンプレーについては最低3名で、何度でも練習をするようにしましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク