野球において、一番大切なことは、相手に1点でも多く与えないことです。この点を与えない方法として、複数の選手がボールをつないで、早く各塁や、本塁にボールを投げる方法があります。

これがカットオフプレーと言います。この野球の守備における、カットオフプレーに際し、ショートの役割について紹介したいと思います。

1.カットオフプレーについて

野球の守備におけるカットオフプレーについて、もう少し詳しく説明をします。

例えば、ボールを早く塁に到達させたい場合、肩の良い選手であれば塁に強いボールを投げることができます。しかしながら、すべての選手の肩は強いとは言えず、どうしても塁にワンバウンド、もしくはツーバウンドで塁にボールが到達してしまうことがあります。

このような場合、ボールを到達させたい方向に複数の選手をおき、ボールを投げ繋ぐことにより、素早くボールを運ぶことができます。これが野球の守備における、カットオフプレーと呼ばれているものです。

2.カットオフプレーをする場面について

野球の守備におけるカットオフプレーをする場面とは、どのようなケースでしょうか。

例えば、外野手がボールを捕球した場合、本塁には距離があり、なかなか一人の選手で本塁までボールをなげて運ぶことはできません。そのため外野手は、内野手にボールを投げて間にはり、内野手が本塁へボールを投げることによって、素早くボールを本塁に運ぶことになるのです。

スポンサーリンク


3.ショートのカットオフプレーについて

野球の試合において、外野へボールが運ばれた場合、ショートはセンター、もしくはレフトの外野手のボールをカットし、本塁へ投げることになります。当然、センターやレフトの選手の方が強い場合には、本塁まで直接投げることもありますが、カットすることにより、ボールを正確な位置に投げることや、ボールのスピードや方向を変えることができるのです。

4.カットの際の構え方について

野球の守備において、外野手からのカットへ入る場合、外野の選手にわかりやすいように的をつくり、そして外野手が投げてきたボールを半身の姿勢で捕球します。半身の姿勢とするのは、そのあとのボールを投げやすくするための方法です。 

もし、外野手からのボールを正面で捕球してしまうと、その後、体を回転させて本塁へ投げることになり、その分、時間がロスしてしまいます。一方、半身であれば、ボールをとってから本塁へ投げるには時間も要しませんし、プレーも流れるように対すことができます。

この半身の姿勢でボールを捕球するため、日頃の野球の守備練習では繰り返し実施し、身につけるようにしましょう。

このように、野球の試合において、相手チームの点数を抑えるために、このカットオフプレーも重要な要素です。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!