野球のポジションにおけるセカンドとは、1塁ベースと2塁ベースとの間を守る位置です。

基本的には、野球では右投げが多いため、一塁寄りのセカンドゴロよりも、二塁寄りに飛んできたセカンドゴロを裁く場合の方が難しく、技術面においても工夫する必要があります。さらに、セカンドゴロのボールの当たりが強い場合には、ジャンプやスライディングをして取ることも必要になってきます。

そこで、今回は野球において、二塁寄りのセカンドゴロを裁く場合の、捕球と送球のポイントについて紹介します。 

1.逆シングルでボールを捕る

二塁寄りにバッターが打ったボールが飛んでくる場合は、セカンドは逆シングルでボールを捕るケースになることが多いとされています。もちろん、相手のバッターに合わせて守備範囲を変えて行くことも必要です。

例えば、右バッターの場合には基本的には二塁寄りにポジションを構え、左バッターの場合には一塁寄りにポジションを構えるのがセオリーではありますが、バッターが打つコースによっては、ポジションとして構えていた位置とは異なる場所にボールが飛んでくる場合があります。

スポンサーリンク


二塁寄りのセカンドゴロのケースでは、逆シングルの体勢で捕球をすることになりますので、捕球をしたのちに体制を入れ替えて、ファーストになげることもあります。この逆シングルは日頃からの練習で鍛えることができます。

練習方法としてはなるべく低い体勢で、細かいステップで移動し、捕球をした後は右足で踏ん張って送球体勢を整える練習を繰り返しします。特に右足の踏ん張りは、その後の送球で重要です。せっかく捕球したにもかからず、悪送球でランナーが出てしまうようなこともありますので、正確に送球ができるように繰り返し練習をしましょう。

従いまして、セカンドとしては焦らずにしっかり捕球し、捕球時にミスをしても焦らずにファーストへいいボールを送球ことにより、確実にアウトになることを念頭しておき、守っておくようにしましょう。

2. ボールに対して周りこまない

野球においてバッターが打ったボールに対して回り込みながら捕球をしてしまうと、動きが遅くなります。向かってくるボールの左側まで深追いせずに、手を伸ばせて捕球ができる位置まで動くようにします。ただ、これは選手によって取りやすい位置というものもありますので、繰り返し練習することにより、取りやすい位置がわかるようになり、体が理解していくものとなります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク