野球において、ダブルプレーはチームのピンチを大きく救う場合もあれば、ダブルプレーが失敗してしまうことによってチームに大きなピンチを招いてしまうこともあります。リスクも高ければ成功した時のメリットが大変大きいプレーであると言えます。

そこで、今回は野球の試合で、ランナーが1塁にいる想定で、セカンドにゴロが飛んできた場合の、ショートにトスしてダブルプレーをとる際の方法について、説明します。

1.まずはフットワークを身につける

セカンドがショートにトスする際には、そのセカンドゴロが2塁ベースに近い場合となります。2塁に近ければ近いほど、ショートにトスをすることが有効になります。このトスによって確実にショートが捕球し、その後ショートがファーストに送球できるのが理想です。

この野球の守備におけるトスの方法をしっかりと身につけ、ショートが捕球しやすいようにフットワークを身につけるようにします。

2. ショートへのトス練習について

まずは、セカンドはバッターのボールをしっかり捕球するところから始めます。捕球をしたのちには素早く、右手でグラブの球を覆うように握ります。そして体重を右足に移しながらボールを握り、ショートにボールを見せながら、右足を2塁側に踏み出しながら、トスをします。

この際のトスにおいて注意すべき点を2つ紹介します。

スポンサーリンク


1. トスをする際にはショートにボールをしっかりと見せる

野球の守備おいて、セカンドがショートにトスをする際には、しっかりとボールを相手に見せます。見せた後にはリズムよくトスをします。トスは上から投げるよりも、タイミングを重視しますので、しっかりと声を掛け合い、トスをします。

2. トスをする場合には手首のスナップを使う

トスをする際には、手首のスナップをしっかりと使い、正確な位置にトスをするようにします。できる限り、手首のスナップを使い、ショートのグラブの位置までボールをしっかりとトスします。

スナップが入らないトスの場合には、球の勢いもとまってしまい、ショートが補給する寸前にボールが失速してしまうケースもあります。

3. トスの位置についてはショートと確認しあう

野球の守備位置であるセカンドは、ショートに対してトスをする際には、そのトスの位置について確認しあうようにしておきましょう。ショートは走りながら2塁ベースまで来ることになりますので、その勢いを殺すようなトスとは不要です。

しっかりと連携をしながら、トスの位置も把握し、いいダブルプレーをとることができるように、繰り返し練習をすることをお勧めします。この連携の練習を繰り返し実施することにより、野球の試合では生かされるのです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!