野球のセカンドの守備は、内野手の中で一番難しいといわれています。

状況に応じて様々な対応をして、機敏な動作を身につけなくてはなりません。

しかし一度コツを掴んでしまえば、それらをスムーズに行うことができますので、それまでは一生懸命練習しましょう。

2.野球のセカンドの守備のコツ

セカンドの守備が難しいのは、ボールに向かって走る方向と、送球する方向が、他の野手に比べて一致しないことが多いということです。

一二塁間のボールをダブルプレーの時に、セカンドへ投げるというのは、とても機敏な動作が必要になってきます。

特に、二遊間に飛んできたボールに対しては、ボールには追いついても、それからファーストやセカンドに送球するのに、非常に窮屈な姿勢で投げなければいけません。

そのためセカンドの守備位置は、できるだけセカンドベースよりに構えたほうがいいでしょう。

セカンドの前あたりに、ぼてぼてのボールが飛んできた場合や、プッシュバントをしてきたときは、全力で向かっていき、走りながら投げますが、どうしても間に合わない時には、手かグローブでトスをしましょう。

トスのやり方は、捕球する人が捕りやすいような、直線的なボールを放ってあげます。

そのためには,手首やグローブをなるべく返しすぎないのがコツです。

スポンサーリンク


またグローブでトスをするときに、ボールを鷲掴みにしてしまうと、ボールがグラブから出ていかなくなってしまう事がありますので、挟んで捕るようにすることが大切です。

1.ダブルプレーの方法

セカンドの守備で、ダブルプレーが難しいのは、ボールを捕って、素早く右側に投げるという不自然な動作にあります。

これを少しでも解消するのには、セカンドベース付近に飛んできたボールには、手でトスをするか、グラブでトスをするかどちらかを選ぶことが、ベストな方法です。

野球の守備では、近い距離を無理に投げようとすると、加減がなかなか難しいので、多少遠い距離でも、トスをして投げるように心がけましょう。

今度は、一塁ベース側にボールが飛んできた場合ですが、オープンハンドでボールを捕り、スムーズにセカンドに投げるコツは、ライトの方向に正対して投げるようにすると、走っていった勢いを生かして送球することができます。

これを意識するだけで、ダブルプレーを取る技術は上達していきます。

野球のセカンドの守備はダブルプレーの時だけでなく、盗塁の時やピッチャーの牽制球の時など、ショートと連携するプレーが多くなりますので、事前によく相談しあっておくことも、上達するための秘訣です。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!