野球の醍醐味といえば、本塁での封殺プレーです。
野球の試合において、ランナーを本塁でアウトにすることにより、守備側のチームとしては大きなポイントとなり、勢いが増します。また、野球を見ている方にとっても、本塁での封殺プレーは迫力のあるものです。

一方、本塁でアウトにするためには、外野手からのバックホームへの送球をしっかりとしなければなりませんし、キャッチャーも確実にバックホームへの送球を捕球する必要があります。

そこで、今回は野球の外野の守備において、バックホームの送球の仕方について紹介していきます。

1.バックホームへの送球について

1つ目のポイントは、バックホームへの送球についてです。 

例えば、野球の試合でランナーが3塁にいたとします。ノーアウト、もしくはワンアウトとなっている場合、外野にボールが飛んでしまうと、ランナーはタッチアップの準備をします。その飛んだボールが外野へのフライで、外野手がボールをとった段階でタッチアップをしますが、外野手は本塁へのバックホームをし、ランナーが本塁にはいることを阻止します。

また、野球の試合においてはこのバックホームをするために、できる限り肩の強い外野手を置き、本塁への送球をしっかりと投げ込むことになります。

ノーバウントで低いボールをしっかりと投げることが一番よいのですが、ランナーを確実にアウトにするためには、投げる方向があっていれば、バックホームでワンバウンドの送球になったとしても構いません。

スポンサーリンク


理由としては、キャッチーとしてワンバウンドであっても、低いボールを確実に捕ることができるのであれば問題がないからです。

実際に、野球の試合においては、低いボールが本塁に来ると、ランナーのスライディングにも適用でき、ランナーに対してタッチがしやすくなります。

2. ステップをしてバックホーム

2つ目のポイントは、ステップをしてボールをしっかりと投げることです。

野球の守備において、バックホームは本塁でランナーをアウトにするためのプレーです。従いまして、外野手が本塁へボールを勢いよく、速い送球をする必要があります。そのためには、ボールを勢いよく投げるためには投げる方向に必ずステップして投げるようにしましょう。

ステップをとってボールを投げることにより、ボールへの勢いやスピードが増し、鋭いボールが本塁へ送球できるようになります。

3. 体重移動を意識する

3つ目のポイントは、足を使って体重移動を意識して送球することです。

投げる姿勢からステップをして力のあるボールを投げるためには助走をつけ、体重を投げる方向に移動させるように心がけます。体重移動を使った送球を行うことにより、さらにボールを勢いよく投げることができるのです。

これらの3つのポイントを意識してバックホームへの送球を確実にすることで、本塁でランナーをアウトできる確率が高くなります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク