野球の試合では、フィールドには9名の野手がいます。9名はそれぞれのポジションを守ることになりますが、野手がミスをしないとは限りません。

9名がしっかりとバックアップをする必要もあります。特に、野球の守備において、外野より後ろは守る人がいません。従いまして、外野手同士でのバックアップは非常に重要なものとなります。

そこで、今回は外野において、バックアップの仕方について紹介します。

1.レフトのポジションによるバックアップ

野球の試合においてレフトのポジションのバックアップとしては、主に2つの役割があります。

1つ目はサードのバックアップです。

例えば、ランナーが2塁にいたとして、3塁に盗塁を試みた場合、キャッチャーはランナーをアウトにするために、サードへボールを送球します。良い送球であればサードは捕球できますが、悪送球で捕球できない場合には、レフトがそれをカバーします。

このカバーができないと、外野へボールが点々とし、ランナーは本塁に還ってくることになります。

もう1つはセンターのバックアップです。 

野球の試合において、センターからレフトに打球が飛んできた場合、センターが捕球体勢に入ることがわかれば、レフトはセンターの野手の後ろ側へ走り、バックアップを行います。このバックアップも、仮にセンターが捕球できない場合には重要なポイントとなります。

2.センターのポジションによるバックアップ

センターのポジションのバックアップとしては、主に2つの役割があります。

1つ目は2塁のバックアップです。

スポンサーリンク


例えば、ランナーが1塁にいたとして、2塁に盗塁を試みた場合、キャッチャーはランナーをアウトにするために、2塁へボールを送球します。良い送球であればショート、もしくはセカンドが捕球できますが、悪送球で捕球できない場合にはセンターがそれをカバーします。このカバーができないと、外野へボールが点々とし、ランナーは本塁に還ってくることになります。

もう1つは2塁へのバックアップです。

例えば、野球の守備において、内野手が若干の前進守備の体系をとっている場合に、1塁ランナー2塁ランナーがいる場合、センターはランナーを走らせないようにセンターから2塁に入るような素ぶりをしながら、ランナーが進塁しないように意識づけをしたりします。ピッチャーがボールを投げたら、自分のセンターの定位置に戻り、打球の行方に気を配ります。

3.ライトのポジションによるバックアップ

レフトのポジションのバックアップとしては、主に2つの役割があります。

1つ目はファーストのバックアップです。

例えば、野球の試合において、バッターが内野への打球を打った場合、内野がファーストに投げることになる頻度が高くなりますが、仮に内野手がファーストへの悪送球をした場合には、ライトがカバーする場合があります。

ランナーがいない場合には、ファーストへのバックアップはキャッチャーですが、ランナーがいる場合には、ライトがカバーします。

もう1つはピッチャーのファーストへの牽制球へのバックアップです。

ファーストが牽制球を取れない場合にはライトがカバーします。

このように外野手は自分のポジションのみならず、内野手のバックアップとして野球の試合展開をみながら、常に動きながら守備をする必要がある、重要なポジションなのです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!