野球の試合においてアウトになる大半は内野ゴロのケースです。
この場合、基本的にはファーストで打者をアウトにすることが多くなります。つまり、ファーストが内野手からの捕球を確実にしなければ、アウトになりません。さらに、打者の走力が早い場合には、ファーストは内野手からの送球を早く受ける必要があります。

では、野球の守備において、ファーストが内野手からの送球の受け方について、説明をします。

1.送球を受けるのを早める工夫をする

野球のゲームにおいて内野ゴロの場合、内野手がボールを受けて、そのボールをファーストへ送球することになります。もちろん、内野手からファーストに投げる場合にはファーストが取りやすいボールを投げるように工夫する必要がありますが、ファーストにおいても受け方を工夫することにより、アウトにできる確率が高くなります。では、その工夫のポイントを2つ紹介します。

1. ベースから体を伸ばす

ファーストはベースから体を伸ばし、内野手からの送球を早く受けるようにします。体を伸ばすという行為はバランスも大事です。むやみに体を伸ばしたからといって送球が確実に受けられるとは限りません。

まずは自分の柔軟力を見る上で、体が伸びる限界のギリギリを確認し、さらにはその姿勢でボールが受けられるかどうかを確認しておきます。

スポンサーリンク


2. それた送球も捕れるように体を伸ばすのは最後にする

人間の体のつくりとしては、体を伸ばした姿勢から、別の姿勢に瞬時に変更することはできません。ファーストの捕球においては、体を伸ばしてボールを捕る際、一度体が伸びきった状態となってしまうと、それた送球を捕ることはなかなか難しくなります。

そこでファーストは、内野手からの送球コースを確認した上で、捕球する最後のタイミングに体をボールに向かってくる方向に伸びるようにします。これにより、内野手からファーストへの送球が悪い場合でも対応ができます。

2. ファーストは常にベースでアウトする必要はありません

野球におけるファーストの守備としては、常にベースの場所でアウトにする必要はありません。内野手の悪送球にも対応する必要があります。 

もし、内野手からの悪送球がある場合には、少しベースから離れてでもよいので、後ろに逸らさないようにボールをしっかりと受けます。その後、直接ランナーにタッチしても、アウトであることには変わりません。

このように、野球の試合においては状況を判断し、柔軟な対応力が必要となりますが、特にファーストの守備は、野手から受ける送球の判断を瞬時にしなければならないため、野球の守備では難しいポジションの1つと言えます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク