野球において、ランナーが1塁に出た場合、盗塁を狙われる可能性があります。この盗塁をなるべくさせないようにピッチャーとファーストとはお互いに連携し、牽制球を受けることになります。牽制球がうまいピッチャーの場合にはランナーを刺せることがあります。

では、ファーストにおいてピッチャーからの牽制球の受け方について、説明をします。

1.牽制球を受ける際の注意点について

野球の試合において、ファーストではピッチャーからの牽制球を受ける場合があります。この際、ファーストは受け方が大事になります。

ピッチャーもこの牽制球はファーストにいいボールを投げ、さらにピッチャーのモーションを盗まれないように、クイックで牽制球を投げる必要があります。では、ファーストにおいて牽制球を受ける際の注意点を2つ紹介します。

1. ファーストベースはタッチプレー

野球の守備におけるファーストは、ピッチャーから牽制球を受けたらランナーにタッチします。タッチする素振りでも構いません。これはファーストではタッチプレーであるためです。ファーストはランナーに対して、セーフであったとしてもタッチをするようにします。いざ、タッチをする時も、タッチの練習をしておかないとできません。

守備の練習においてもタッチは素早くするように心がけます。タッチが甘いと、いくらアウトのタイミングでも審判がセーフという判断をすることもあります。

スポンサーリンク


2. ファーストベースを踏まない

ファーストランナーは、ピッチャーからの牽制をうけると基本的には足から戻るか、ヘッドスライディングでベースに戻ります。その際、野球のルール上、ファーストの守備はタッチプレーですので、ファーストベースを踏む必要はありません。

よく見受けられるのは、ピッチャーからの牽制を受ける際、ファーストがベースを踏みながらボールを受ける場面です。タッチプレーですので踏む必要はありません。さらにピッチャーからの牽制球が必ずしもいいボールがくるとは限りません。

牽制球の受け方は、ファーストベースを踏まず、跨ぐ様な形で、かつ悪送球の場合にはすぐに離れられるようにしておくと良いでしょう。

2. ランナーをよく見てピッチャーに返すタイミングを外す

野球の守備におけるファーストは、ランナーの動きを常に確認をしておきます。ランナーの隙を狙ってタッチしてアウトとなるケースもあります。例えば、ピッチャーへボールを返すような投げるふりをして、ランナーがベースから離れたことを確認し、タッチするようなプレーもトリックプレーとしては重要です。

ただ、このトリックプレーは1試合に1回できるかできないかの確率であるため、あまりにトリックプレーを狙いすぎるのもよくありません。逆に、トリックプレーが失敗すると、野球の試合の流れを悪くすることもあります。

一瞬の隙を狙うプレーであることを念頭にしておきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!